知らないと損!!諦めていたメイク崩れが劇的に改善する方法♥

メイクアップアーティストとして、毎日たくさんの方々にメイクをし、アドバイスさせていただいておりますが、色々お話を伺っていると、日々のメイクにお悩みや不満を持っている方がすごく多い!!

その中でも断トツで一番多いお悩みが...

「メイクの崩れ」

皆さんも、朝はメイクが綺麗に仕上がっていたのに、お昼頃にはファンデーションがよれ、夕方帰宅する頃には眉もアイメイクも落ちている..なんて困った事ありませんか?

DI_IMG_5771では、そもそもどうしてメイクが崩れてしまうのでしょうか?

メイクが崩れる原因は2つ

 

フェイスパウダーの量が少ない!!

脂性肌で全体的にべたつく方、Tゾーンだけテカる方、汗でファンデーションが取れてしまう方。こういった方に共通して言えるのはフェイスパウダーの使用量が少ない!
普段、フェイスパウダーってどのくらい使っていますか?なんとなーく乗せてるだけの方が多いのですが、必ず触って確かめてください!
触ったときにスキンケア用品やリキッドファンデーションのべたつきが残っていればまだまだ足りていません。触って手がくっつかないくらいまで乗せましょう。
べたつきをとることによって皮脂、汗を防げるだけでなく、次に乗せていくチークやアイカラー等の色物が綺麗につき、持ちも良くなります。

AI_IMG_7789

又、ベースの崩れ以上に多いお悩みがアイメイクや眉の滲み。これらを落ちにくくするのにもフェイスパウダーが効果的です。ベースメイクの際には忘れずに目周りや眉上にも乗せましょう。ハイライトブラシやアイシャドウブラシ等の小さめのブラシで乗せるのがおすすめです。

 

 

ファンデーションの量が多い!!

こちらは、乾燥肌の方、時間がたつとシワやひび割れが気になる方に多い要因です。
特に表情で動きやすく、皮膚が薄い目元や口元は乾燥しやすく、よれやすい部分です。極端なことを言うとすっぴんの時ってよれとかひび割れって気にならないですよね?
なので、最初からファンデーションの乗せる量を少なくすれば、その分崩れが気にならなくなるのです。

DI_IMG_5788500
でも、単純にファンデーションを少なくしたらカバー力が足りない!っていう方はファンデーションの他にコントロールカラーやコンシーラーなどの色ムラ補正してくれるものを取り入れましょう!ただし、コンシーラーを使う場合は固いものだとよれやすくシワが目立ちやすいので、リキッドタイプ等の柔らかいテクスチャーのものを選びましょう!

※ちなみに撮影用メイクなど短時間で「今この瞬間だけ綺麗だったら良い!!」って時はファンデーションをたくさん使っても、固いコンシーラーでしっかりカバーしても良い思います。

ただし、その分よれやすくはなるのでそれは覚悟の上で!

MS251_kosumesetこれで明日からメイクの持ちが良くなること間違いなし!是非実践してみてくださいね♥

 

ABOUTこの記事をかいた人

成田 彩美

メイクアップアーティスト、読者モデル。IBF国際メイクアップアーティスト資格保有。サロンでのメイクインストラクターの他、撮影ヘアメイク、美容書籍やサイトのメイク監修も担当。 又、読者モデルとして雑誌やネット媒体など各メディアでも活動中。