食生活を改善して痩せよう!食材選びのポイント「マゴワヤサシイ」習慣~マ編~

「食事を改善したら、痩せやすくなるのはわかってるけど、実際に何を摂ったらいいのかわからない。」
そう思っている方もいらっしゃるかと思います。
そんな方に必見!食材選びに「マゴワヤサシイ」を基準とすると、何を摂ったらいいかわかるようになります。今月は、この「マゴワヤサシイ」に沿って、各食材とその食材美味しく食べる方法をご紹介していきたいと思います。
今回は「マゴワヤサシイ」の「マ」についてご紹介!

○そもそもマゴワヤサシイを意識することのメリットは?
大豆などの豆類、ゴマなどの種子類、昆布やわかめ、もずくなどの海藻類、色とりどりの野菜、しいたけやえのきなどのキノコ類、ジャガイモやサツマイモなどの芋類は、栄養価が高い食材で、これらをまとめて「マゴワヤサシイ」といいます。この食材を組み合わせて食べることで、栄養素をバランスよく摂ることができます。

○「マゴワヤサシイ」の「マ」!
それでは今回は「マ」についてご紹介!
「マ」の代表的な食材は、納豆や豆腐などの大豆製品、えんどう豆などの豆類になります。
大豆製品は「畑の肉」と言われているように、たんぱく質が豊富な食材。また、糖質の代謝に必要なビタミンB群も含まれています。発酵食品である納豆は、腸内環境を整えてくれたり、大豆には女性に嬉しいイソフラボンも含まれていますね。

○「マ」の美味しい食べ方!
納豆はそのまま食べることもできます。アレンジするとして、ネギと卵と一緒に混ぜて卵納豆にしても美味しいし、卵と一緒にフライパンで焼いてオムレツにするのもアイディアの1つです。
豆腐もパックから出して、切るだけでも食べられるシンプルな食材。そのまま冷奴でもいいし、お肉や玉ねぎと一緒に煮て、肉豆腐として摂るのもいいですね。
厚揚げなども「マ」に含まれます。醤油とみりん、酒で味付けして、照り焼きのようにしてみたり、青菜と一緒に炒めたりするのもGOOD!
スーパーでは、大豆の水煮も売っているので、これをひじきの煮物にプラスしてみたり、チキンとホールトマトと大豆を一緒に煮て食べるのも美味しいです!

いかがでしたか?豆類は、たんぱく質と食物繊維が一緒に摂れる食材です。ぜひ!参考にしてみてください。
次回は「マゴワヤサシイ」の「ゴ」について紹介します!