はたして、オーダーメイドの靴は高価なのか?!

ジャストフィットする洋服を着ていても、足元がだらしない靴を履いていると興ざめ!! されてしまうときがありますよね。
しかし、足に合う靴を探すのは、思ったよりもタイヘンなことですから。
右左で微妙にサイズがちがったり、外反母趾気味であったり、偏平足など、悩みはつきません。

それでは、いっそのこと、オーダーメイドならと、一念発起してみたくなるときがあります。足型や歩き方、立ち方のくせを見極めたうえで、プロが手作業で作る靴は、さすがに履き心地がよくてしなやか。
ただ、お値段がけっこうかわいくありません・・・。
それでも、オーダーが人気なのは、いったいどうしてなのでしょうか?

足に合う靴を履くと、きれいな脚になる?

歩くのが楽しくなる!

有名なイタリアのブランドや、ドイツ製でなくても、やはりオーダーシューズは高価です。
はっきり言ってOLさんのひとつきのお給料とあまりかわりません。

しかし、手間ひまをかけてつくられた1足は、履いているという感じがあまりせず、まるで、雲のうえを歩くような軽やかな足取りになれるので、(お金が)惜しいとはおもいません。

ただ履きやすく、歩きやすい靴ならば、市販のシューズにもありますが、実際に足にあわせてつくられた靴で歩くと、余分な力が肩や腰にかからないため、いらない筋肉が落ち、逆に必要なところには、しっかりと、良質な筋肉がつくので、かえってお得なのです!!

軽い靴は歩きにくい?

また、オーダシューズの特徴は、もちろん職人さんやメーカーによってもまちまちですが、重量がしっかりとある靴が多いということでしょう。

タウン用のバレエシューズのように軽いほうが、履いている感じがしなくてよいのかとおもいますが、まったく逆。
靴そのものに重量があることによって、靴が振子の役目をはたすので、むしろ疲れにくいのです。

そのような、細かいアドバイスをくれるのも、オーダーシューズならではの特徴です。こんな、目から鱗が落ちる意外性がたまりません。