恋人の浮気をうたがうときは、目よりも●●に注目する!

目を見て話す。目には真実の感情が出る。目には、すべてが出るからごまかせない。などといいますが、本当でしょうか?
目を見ることは、コミュニケーションの基本となりつつあるために、みんな、自分の目がどのようにみえるのか、気をくばっている人が増えてきました。

しかし、口元はどうでしょうか?
感情や真実は、むしろ口にあらわれやすいのではないでしょうか?
恋人の浮気をうたがうときには、むしろ、目よりも口に注目してみてください!!

口はごまかせない!

口の役割は、喋る、食べることだけではない?

なぜ、口はごまかせないのでしょうか?
まず、口は、しゃべる器官ですよね。声を出すときに、目に力を入れることはなくても、口だけは、どうしても、うごかさないわけにはいかないですよね。
言いにくいことをいったり、うなづいたり、返事をしたり、あいづちをうったり、色々な役割をこなさなければなりません。
そのぶんだけ、複雑な動作をになう口は、目にはない、複雑さを秘めているのです。

口は食べる器官だからこそ!!

そして、何といっても、口は食べる器官。
肉を咬み切り、魚を咀嚼して、野菜や果物を補給する。つまり、いのちをつなぐ器官だということですよね。ということは、本当ならば隠しておきたい感情が出るのは、自然なことではないでしょうか。

目は、景色を見たり、文字を読むという役割をになっていますが、口は、ごまかしがきかないのです。

というわけで、彼の浮気をうたがったときには、彼のスマホをこっそりと、のぞくのではなく、また「私の眼をみて話して」なんて台詞をいうのではなく、恋人がはなしている口元に注目してみてはいかがでしょうか?

びみょうに歪んでいたり、こわばってたりしませんか?
また、いつもと何かがちがっていませんか?
目を見られているのと違い、口元は無防備ですから、観察されていることにでさえも気がつかないひとも多いのです。
人の本心は、目ではなく、実は口元にこそあらわれるのです。