【目つき悪っ!】印象ガタ落ち・スマホで疲れた目のレスキュー法

毎日スマートフォンやパソコン、そしてテレビを見るのは当たり前の時代ですね。仕事でもプライベートでも画面を見ることは多いはず。特に若い世代はスマホを使う方がほとんどですよね。あなたが思っている以上に目の疲れはとってもたまっているのです。疲れ目は、6歳以上も老けて見えると言われているくらい……。あなたの目、大丈夫?“おブス疲れ目”にならないように。

今日は、簡単にできる疲れ目解消法についてご紹介したいと思います。

 簡単!疲れ目解消3つの方法

■蒸しタオルでアイマスク

濡らしたタオルをレンジでチンして目に乗せるだけの簡単ケアです。毛穴も開くのでクレンジング前にするのも◎じんわり目元が温まって目の疲れも癒されます。温めすぎは火傷の原因になるので注意しましょう。

■目のツボを刺激する

目のツボを刺激することによって、疲れや、目の疲れからくる肩こりも解消することができます。

(1)合谷(ごうこく)

手の親指と人差し指の骨が合流するところの手前です。ここは、疲れ目だけでなく喉の痛みや花粉症にも効果のある万能のツボなんだそうです。強く押してみたり、グリグリ押してみましょう。ちょっとした休憩のときに気軽に押せるツボです。

(2)風池(ふうち)

目の後ろに当たる首筋にあります。髪の生え際に盛り上がっている部分です。両手の指で後頭部の首筋を左右から挟むようにして、左右の風池を同時に圧迫します。息を吐きながら10秒間圧迫して、息を吸う時に圧を抜きます。これを10回程。

(3)耳ツボも

耳たぶの中央からわずかに下にいったところにあります。疲れ目の際は、そのツボをつまむと痛みを感じます。少し強めに30秒間つまんで離すと目がすっきりに。

■目薬

目の疲れは乾燥からきている事も多いので、目薬で潤いを与えましょう。症状にあった目薬を選ぶのも一つのコツです。

1、パソコン疲れ

疲れ目や目の充血にはビタミンを配合したものや、炎症を抑える効果がある目薬がおすすめです。

2、コンタクトをつけたまま使える

長時間コンタクトは目が乾燥して不快感を覚える場合がありますよね。コンタクトをしたままでも使える目薬で目に潤いを与えましょう。

3、防腐剤の入っていないもの

ドライアイの人は目薬に含まれる防腐剤で涙を洗い流すことが出来ず、防腐剤が目の表面に残る為に目の表面を傷つける場合が。防腐剤の入っていない物を選びましょう。

おわりに

いかがでしたか?普段から目の疲れを溜めないように心がけるのも大切ですよ。疲れ目解消の簡単な3ステップは、どこでも行えるので気がついたときに取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あや猫

美容ブロガーとして、日々自分のメイク方法や美容法の発信しコスメコンシェルジュとして活動。読者様とのコミュニケーションを大切にし、日々の悩みに答えています。美容サイトでの執筆活動も活かし、女性でいる楽しさと「可愛い」を作るサポートを一緒にしていきたいです。