【つけスギは逆効果!】失敗しない香水の正しい付け方

皆様はどのようなシーンの時に香水をつけられますか?デイリーに、デートに、パーティに…。通りすがる時にふわっといい香りが香る女性は素敵ですよね。だからといって…もしかして皆様、つけすぎてただの臭い人になっていませんか??香水はつけ方で全く香りの印象も異なってきてきます。香りは人の印象をも変えるほど強力な効果があるので、間違ったつけ方は絶対NG!

 

絶対してはいけないつけ方

このようなことをされていたら今すぐやめてくださいね。

手首につけてこする

手首は温度が高いので香水が蒸発しやすく、キツく香ってしまいます。股、こする行為は香りが潰れて、香水の香りがきちんと香らなくなってしまいます。

耳の後ろにつける

耳は鼻が近い部分になりどうしても香水がきつい印象になってしまいがちです。また自分の香りに鼻が慣れてしまって、香水をたくさんつけがちになってしまうので避けましょう。

髪につける

香水にはアルコール成分がたくさん含まれています。髪につけてしまうと香りがきつくなる上に、ダメージの元にもなるので避けましょう。

 

正しいつけ方とは

筆者はデートであろう女性がお手洗いで香り直しをしているところをよく見かけます。その際、手首にワンプッシュ→こする→耳の後ろに手首の裏をこする。の手順をされている方が多いのですが、絶対にこれはNGです!彼、周りの方に臭いと思われているに間違いなしです。では正しいつけ方とはどのようなつけ方でしょうか?ご紹介します。

出かける時につける際は30分前に

よく直前につける方がいらっしゃいますが、これは香水がとてもきつく香っているときなのでお世辞にもいい香りとは言えません。香水は30分以降に香水本来のいい香りがすると言われています。出かける30分前、又は、待ち合わせ30分前にしましょう。

つける場所はウエスト、足首、膝の裏側のどれか

ウエスト

ウエストにつけると服の間から香るため、とてもふわっと香ります。ただ、タイトなトップスの際には服との隙間が少ないのであまり香らない場合があります。ゆるいトップスの際にオススメです。

足首

汗をかきにくく蒸発しにくいため、全身に上品に香らせたいのであれば足首がオススメ。又、香り直しの際も、足首はきつく香らないので最適です。

膝の裏側

足首よりも香りやすく、手首よりも香りすぎないのが膝の裏側です。全身を包むように香ってくれるのでオススメです。ただ、タイトなボトムだと香りが弱い場合があります。脚を出すボトムやワンピースの際が最適です。

香り直しの時間は種類による

香水は種類により香りの持続性が異なります。香りの持続性を把握して香り直しをしましょう。パルファン、オーデパルファンの持続性は5時間、オーデトワレの持続性は3時間、オーデコロンの持続性は1〜2時間です。

 

香水による印象を味方につける

image
出典:リサイクル工房 金魚もん
香りはその人の印象をも変えると前述で述べましたが、スタイリッシュな印象や痩せているように見せたい場合はフゼア系のクセのある香りやスパイシー系の香りがオススメです。コンフィクショナリーと呼ばれるバニラなどの甘い香りは、逆に太って見えがちです。元気な印象に見られたい場合はシトラス系、優しい印象に見られたい場合はフローラル系など…。自分の印象を変えたい時に参考にしてみてください。

 

 

おわりに

季節ごとに各ブランドが新作フレグランスを出したり、気分転換になったり、と香水はとても魅力的ですよね。ただ、つけすぎは周りに迷惑どころか食事の際は、マナー違反にもなります。鉄則はふわっと香らせる、です。正しいつけ方で、いい香りのする女性を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です