【危険】知らないともはや笑われる勘違いモテテクニック

女性なら誰しも好きな人をドキドキさせたい!と思ったことがあるのではないでしょうか?また、男性の方をその気にさせたくてモテテクニックコラムを読んだり、メールでアピール!ですが、実際にそのモテテクニックを受けている男性の本音はいかがでしょうか?もしかしたら、笑われていて飲み会のネタにされているかもしれませんよ…。今回は男性の意見をもとに、これは笑ってしまう!といった勘違いモテテクニックをご紹介します。

勘違いモテテクニック5選

男性からの意見を聞いていると、意外なことがちらほら聞こえて驚きを隠せないことが多かったです。

ボディタッチ

・正直好きでもない女の子に触られても嬉しくないです。(会社員/26歳)・キャバ嬢に見えてくる。(建築関係/23歳)・合コンや飲み会、初対面でボディタッチしてくる女性は軽いなぁと思ってしまいます。(デザイン関係/27歳)・「俺のこと好きなの?」というドキドキ感ではなく、「この人、ヤラせてくれる!」という確信になってしまいます。(学生/20歳) ドキドキ感を与えているために!と思っている女性は今すぐやめた方がいいですね。軽い女性に見られがちです。飲み会でも「あの子すごい触ってくるし痴女なんじゃない?」とネタにすることもしばしばだそうですよ。

料理を率先的に分ける行為

・お母さん的な存在みたいになる。(飲食業/28歳)・気遣いができるというより頑張ってる感が出過ぎて痛い。(経営/30歳)・飲み会で「サラダ、勝手にお箸で食べていいー?」と聞いている子が過去にいたんですが、素直でこっちの方が可愛いなと思いました。(会社員/28歳)・取り分けている子を見たら、モテたいんだなぁと思っている。(運送業/25歳) サラダを取り分けたところで気遣いができるとは限らないみたいですね。

天然、バカなふり

・天然の女の子はよくわからなくて近寄りがたいです。(看護師/29歳)・可愛い自分を作ってる自分に酔ってる典型的な痛いパターン。(大手企業/28歳)・とりあえず会話が成立しなくて話づらい。(IT関係/26歳)・バカな子は見ててイライラする。最低限の知識は得ておくのが人間でしょ。(営業/30歳) 表面上は笑っていても、心の中ではイライラしっぱなしなんだそうです。確かにめんどくさい女性、というイメージがついてしまうのは、筆者もなんとなくわかってしまいます…。

メールの返事に時間差がある

・遊ぶ予定を決める時はサッサと決めたいので時間差のあるやりとりをする子は論外です。(管理職/30歳)・時間差ができると返す気にならなくなってくる。(美容師/28歳)・駆け引きしているつもりなんだろうけど、バレバレなので駆け引きというより、返事にルーズな子としてイメージが悪くなってしまいます。(運送業/23歳) 返事を返していない間、彼はあなたのことを考えてウズウズしている、というより、「この子、めんどくさいな」という気持ちになってしまうみたいですね

上目遣い

・上目遣いするシチュエーションでもないのに、わざと上目遣いで見てくるのを見てそんな無理な首の姿勢しなくていいのに。と思っています。(大手企業/27歳)・ずっと上目遣いされたらこいつモテたくて必死なんだなと思う。(学生/21歳)・上目遣いより、無邪気な笑顔の方が断然キュンとします!(会社員/28歳)・たまに上目遣いしすぎると白目が大きく見え、何だか爬虫類に見える時があります。(Web業界/24歳) 上目遣いは、モテルールの鉄板かと思いきや、男性の本音は真逆ですね…。爬虫類はひどすぎると思ったんですが、確かに上目遣いしすぎた顔を見てみると爬虫類のような雰囲気でした。

おわりに

色々なモテルールが世の中には存在しますが、やはりそれは女性が考えた女性目線のモテテクニックのため、こういった勘違いモテテクニックが存在するのかもしれません。表情が豊かな人は人を自然と惹きつけるという説がありますが、これは「きちんと自分の話を聞いてくれてる。」「自分のことを受け入れてくれてる。」という心理からくるものです。無理なボディタッチや頑張ってキャラを作るより、自然とモテる方法はこういったことなのかもしれませんね。女性としてモテテクニックは恥ずかしくないよう、厳選して使いたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です