♂♀関係なく嫌われる典型パターン7選

社会を生き抜く上、集団行動を行う上で誰だって人に
「めんどくさい」「興味ない話ばかりする」「鬱陶しい」
と思われたくないですよね。

ウワサはすぐに広がるものなので、あなたが行っている言動は
男女問わずみんなが把握していると思っていてもいいでしょう。
印象がよくない人は、飲み会にも誘いづらいし、自然と出会いや楽しい機会を減らしていくことになるかも・・・

今回は♂♀関係なく嫌われる典型パターン7選を選んでみました。
当てはまる項目が多いほど、あなたに表面上だけの付き合いをして、回りから嫌われている、一緒にいたくないと思われているコトが多いかも・・・
いくつ当てはまるでしょうか?確認してみてください。

私は〜が口癖

私は◯◯だから〜
という言い方をしていませんか?それを聞いた相手は、表面上、うんうん、と聞いていても心の中でだから何?と殆ど関心を示しません。
あなたの価値観に他人は想像以上に興味を持ってない場合が大半なので、注意が必要です。

勝手に人の人格を決めつける

◯◯ちゃんは◯◯だもんね?という言い回しが口癖になっていませんか?これは注意が必要です。言われた相手はそうじゃないんだけどな、と思う事が殆どで、気分がよくなることはまずありません。相手の事をどれだけ知っていても、当人以上にしってるわけがないのだから、口癖になっている方は今すぐ辞めましょう。

人の神輿にすぐ乗る

こんなにスゴイ人がいて〜とう手のパターンは、相手からしてみれば知り合いの知り合いなので、本当に他人です。本当にスゴイと感じる人の話しでも聞き手が興味がなければただの自慢話になるので、そう言った話しをする場合は相手のメリットも考えて話しましょう。

ひとの悪口、陰口を叩く

悪口、陰口の根元は対象に対してのストレスです。しかし聞いている方はこの人、また陰口叩いてるわと適当に相槌をうちながら、同じようなストレスを抱えており、他のグループで必ずあなたの陰口をたたいています。
陰口を言う人間は必ずどこかで批判されています。どんなに自分に正当性があっても人の悪口は言わないこと。

意味不明な自信がある

あなたがやってきたことや行ってきたことでの構築した自信は、相手にとって意味不明な自信と映ります。なぜなら相手はあなたの自信の根拠となるバックボーンを知らないから。「私が正しい」と断言する言い方は避けましょう。

御礼を言わない

どんなに些細な事でも、もてなした方は多少なりともあなたに対して自分の時間を使ったという自負を持っています。逆の立場になるとストレスを感じることがわかりますよね。逆に御礼を言われて嫌な思いには絶対になりません。良好な関係を保つためにも、しっかり御礼を言う癖をつけましょう。

人の話しを折る

相手が話している途中に自分の主張を話していませんか?
相手が話す目的がある以上その人の話しは聞くのが礼儀。ただ相槌を打つのでなく内容を読み取った上でその返答をして、自分の主張はその後に話しましょう。

途中で主張を諦める

話しや意図が伝わらなくてもういい、もう大丈夫と、途中で主張を諦めることはありませんか?聞き手の側はただでさえ話しを聞いているのに、さらに消化不良になってストレスを感じます。言い出したことは多少面倒でも責任を持って最後まで伝えましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
2つ以上当てはまっていると、あなたのことを表面上つきあっている人間が多いと思われます。一度飲み込んで、対話に意識するだけでいいので、実践してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です