ディズニーデートで気をつけたい5つのポイント

女子なら誰もが行きたいディズニーランド。デートスポットとしてもよく使われると思いますが、そこでよくケンカになるカップルもしばしば。ディズニーがあまりに楽し過ぎて女性が奔放になり男性がストレスに感じることが多いようです。大好きなディズニーランドと大好きな彼なら二度と行きたくないなんて言われたくないですよね。また君と行きたいと思ってもらえるような楽しいデートにするためにも、下記の五つのポイントを事前に抑えておきましょう。

タバコ休憩を定期的に。

タバコを吸う男性にとって、2時間タバコを吸わないのはストレスと感じることが多いです。ディズニーでは近年分煙化が進んでわかりづらい場所、屋内などに喫煙する場所があることが多いので、あらかじめある程度喫煙所の場所を把握して置くといいでしょう。アトラクションの合間にはタバコ、大丈夫?と逐一聞くくらいがいいと思います。

秋口、春先にはジャケット用意を事前に伝える

ディズニーリゾートは千葉県の湾岸沿いにあるので、夕方から夜にかけては、その時期の気温より寒く感じることが多いです。ディズニーにあまり行った経験のない男性はその辺りわからないので、通常より厚着もしくは上着を持ってくるように事前に伝えておきましょう。

買い物は早く済ませること

混雑した場所で買い物が長引くと、想像以上に時間が取られることがよくあります。買い物をしたい場合は混む時間、帰りがけの夜を避け、素早く欲しいものだけをレジに運ぶよう心掛けましょう。

それでも時間がかかる場合

どうしても時間がかかる場合は、ボクサーパンツなどが売ってるお店をチョイスするのがオススメ。ボクサーパンツは可愛くデザインもしっかりとしたものが多いので、気に行って購入する男性も多いようです。

タートルトークは相手を見て

ディズニーシーの人気アトラクションで、船の内部で亀のクラッシュとおしゃべり出来るタートルトーク。クラッシュはユーモアがあり大人でも楽しめますが、デートに来てる男性がいじられます。大抵前の方に座っている方がいじられますが、何も知らない男性は自分が当たるんじゃないかとビクつく人も少なくありません。相手の人柄によっては来たがらない人も多いと思うので、相手によっては選択肢から外しましょう。

待ち時間を上手く潰そう

ディズニーデートで1番大変なのが待ち時間。長い時は二時間以上待つことも少なくありません。あなたと相手の関係がまだ薄い場合や、トーク力に欠ける場合は時間を持て余し、気まずくなることも考えられます。そんな時にオススメなのが、古今東西ゲーム。お題に対してそれにあったものを言い合うゲームです。単純ですがこれがとても効果的。一方的な対話にならず常に単語でキャッチボール出来るので、お互いが飽きませんし、途中でマニアックな単語が飛び出すと話しが盛り上がることも。お互いを知るきっかけにもなるので、時間潰しにはとても重宝します。国の名前とか、アーティストの名前など、幅広いジャンルをまずはお題にするのがオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
こんな気を使わなきゃいけないオトコなんてそもそもヤダ!と思うかもしれませんが、あなたの行きたいという気持ちに応えてくれる彼を邪険にしてはいけません。どうせならお互いが楽しくなれるデートの雰囲気作りを心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です