2/14 日本→「チョコレート戦争」米国→「愛を確かめ合う日」

2月14日はバレンタインデー。
日本のバレンタインデーというのは、「女性が男性にアプローチをする」特別な日ですよね。
気になるあの人に、または大好きな彼氏に、いつも頑張ってくれているダンナ様に・・・
そんなハートいっぱいの気持ちになる相手に、チョコレートを贈るのが一般的です。
そして、お世話になっている方や、会社の上司や同僚への、
感謝の気持ちを込めた「義理チョコ」というものまであり、
デパートやあちこちのお店では、チョコレートを中心に、
キャンディ類などで特別会場が作られ、多くの女性で埋め尽くされます。
まるで日本のチョコレート戦争です。
ですがここ、アメリカでは、バレンタインデーというのは、
男性、女性、ともに「愛を確かめ合う日」であり、
女性側だけが贈り物をする、という決まり事はありません。
「Love」の形がある相手同士が、ちょっとしたプレゼントを用意したり、
グリーティング・カードを書いて感謝の気持ちを述べたり、愛を語り合う、と言った愛の日。
日本はどうしても、チョコレートの大きさや、形、ブランドや値段など
気にする傾向がありますが、アメリカではそういうことよりも、
「気持ち」を伝えるための文字を書く「グリーティング・カード」に思いを込めます。
それでも、やはり「バレンタインデー」という名前でいろんなビジネス戦略があるのも確か。
バレンタインデーにちなんだ、特別な料理を出すレストランや、
カップル向けのホテルプラン、お花のアレンジメント、ギフトセットなど・・・。
いろんな商品をバレンタインデーにちなんで、赤やピンク等の愛の色で飾り付けられる様子は
やはり世界共通なのかもしれません。

アメリカのバレンタインデーに並ぶもの

・お花

日本とは違って、値段はリーズナブル、そしてお花の包装や梱包はとってもシンプル。
また、花瓶に入ったまんまで売られている事が多いので、そのままリボンだけつけられて
「はい!」と渡されます。

・文字入りバルーン

「I love you (愛しています)」「You are special (あなたは特別です)」
「You are my life(あなたは私の人生そのもの)」「I need you(私はあなたが必要です)」
などと言った、ピンクや赤のハート型のバルーン。
お花と一緒に渡したり、デコレーションとしてまとめて家に飾られる事も。

・グリーティング・カード

アメリカでは、誕生日、クリスマス、卒業、入学、就職・・・
いいことも、悲しい事も、どんな状況にも使えるグリーティングカードは
生活の中では欠かせないもののひとつ。
デザインもさまざま、楽しいものから真剣なものまで。値段もピンからキリまで。
とにかく何百種類もあって選ぶのが大変なほどです。
やはり文字で伝える事は大切なんですね。

・チョコレート、キャンディー、ケーキ、クッキー

お店には、アメリカならではのものがたくさん!!!
何がアメリカらしいかというと、まずはその色使い。
日本では、せめてストロベリーのピンクまでですが、
ここアメリカでは真っ赤なケーキ、真っ赤なクッキー、真っ赤なクリーム!!!!!
さすがに手は出ませんが愛の表現力は強力そうです。

・チョコレート・ビール

日本でも探せばあるのかもしれませんが、アメリカはビールの種類は豊富。
チョコレートを混ぜ合わせて作られているものや、パンプキン味、バナナ味・・・
などのちょっと変わったものもたくさんあります。
やはりこの時期、店頭前に飾られているものは「チョコレート味」。
飲んでみると、ビールの苦みの後に甘さのあるカカオフレーバーが口に広がる感じ・・・。
うーん、たくさんは飲めませんね。

ホワイトデーは日本だけ

そして日本には3月14日に「ホワイトデー」という、
「バレンタインデーのお返し日」が作られていますが、
これ、実は日本だけだということはご存知でしたか?
ホワイトデーには「チョコレートを受け取った男性は倍返し」なんていう話もありますが、
たくさんのチョコレートをもらった人ほど、大変な出費になりそうですね。
このホワイトデー、アメリカ人に話すとみんなとても驚きます。
「わざわざお返しをする日を決めるなんて!」
「愛を確かめ合うのに値段は関係ない!」
というのが多くの反応ですが、「何かを頂いたからお返しをする」というのは、
もはや日本独特の文化なのかもしれませんね。
私はどちらかというと、バレンタインデーの時期だけ、限定で販売される、
素敵なデザインや、可愛いパッケージ、特別なチョコレート達を見たり食べたり出来るのが
楽しくて好きですね。
わざわざ、限定で何かを作り上げるビジネス感覚は、日本はやはり一番素晴らしいと思います。
あなたのバレンタインデーは、一体どんな日ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です