もう3歳若いときの顔に戻るには、○○をたくさん塗ること?

あともう5歳若ければ!
せめて、もう3歳若く見られたい!

そんなときには、メイクをする上で、いったいどこに気をつければよいのでしょうか?
また、どのパーツに力を入れますか?

さまざまな意見があると思いますが、実は、超カンタンに、たった3秒で、今日から実践できる方法があるのです!

意外? それとも、やっぱり? 

アイメイクよりもリップメイクを重視! 

顔の中で、もっともよく動くパーツといえば、そう、やはりくちびるですよね。
たしかに目は、まばたきのたびに動いていますが、くちびるのような、フクザツさはないですから。

やはり、よく動かすパーツを強調したメイクをほどこすと、印象がかわります!
とはいえ、いくら強調するといっても、演歌歌手のような真っ赤なくちびるや、その昔はやったであろう、青みが強い蛍光ピンクの口紅をべったり塗るのは抵抗がありますよね。

確実にイメージが変わるけれども、嫌味なほどではない、がんばりすぎていないリップメイクとは、いったいどんな方法でしょうか?

答えは、グロスをたっぷりと重ねることなのです!!

今、目指したいのは、ガラスのようなくちびる? 

daaba208157e2a0cc0ae8611a6424726_s
グロスを重ねるのは、当然のようですが、くちびる全体にべったりと塗るのではなく、メリハリをつけるのがオススメ!

具体的にいうと、くちびるの中央部分にたくさん塗り、端はひかえめにします。
こうすることにより、立体感が生まれて、若々しい顔に。

グロスをたくさん使用するメイクは、セクシーになりすぎないかと心配ですが、適度にツヤがあることにより、健康的に見え、かえって好感が持てます。
美意識が高い女子は、1時間に1度、グロスを塗りなおしているそうです。

透明感があるグロスたっぷりのくちびるは、高級なガラスのような質感になり、しゃべるたびにドキドキさせられるものなのです。
てんぷらを食べたの? と訊かれそうで、グロスを敬遠していた人は、ぜひこの秋こそは、攻めくちびるにチャレンジしてみませんか?!