習慣にしたい!若々しくあるためのシャンプー方法

習慣にしたい!若々しくあるためのシャンプー方法

初対面の女性を前にした時どこをみて年齢を予想しますか?
一般的には手のシワや首のシワに年齢が表れやすいといいます。
ハンドケアを行っている人は多いと思いますが見落としがちなのがネックケア。
実はちょっとしたシャンプー方法の改善で首のシワを予防することが出来ます。
しかも同時に顔のたるみを予防出来るとしたら!?
気になる方法について見てゆきましょう。

毎日のシャンプーでシワが深くなる!?

毎日欠かすことなく行っている洗髪。
大抵の人は深く俯いた姿勢で行っていることと思います。
深く俯いた姿勢でいると首の前面には自然とシワが出来ます。
シャンプーしていると同時に首にシワを作っていることにもなるわけです。
洗髪にかかる時間が1日10分だとすると・・・1年でなんと約60時間!
これだけの時間をかけてシワを深く刻みこんでいるわけです。

シャンプーは俯かずに前を向いて

そこでシャンプー時の姿勢を変えてみましょう。
基本姿勢はすすぎなどを行う時以外はまっすぐ前を向く、これだけです。
シャンプー剤が周囲に飛ぶと心配する人もいますが、丁寧に行えばそこまで飛び散らないものです。

頭皮を引き上げてたるみ対策!

頭皮を洗う際には出来るだけ下から上に引き上げる感覚で行ってみましょう。
更に髪の毛を持ち上げるようにすると常に髪の毛の重さを感じている頭皮がその重さから解放されるようになります。
頭皮の負担やストレスを軽減することは顔のたるみ予防にもつながります。
頭皮と顔は一枚の皮膚でつながっています。
アンチエイジングと頭皮ケアは密接な関係にあるのです。

トリートメントは絶好のマッサージタイム

せっかくなのでトリートメントする時間もたるみ予防に活用しましょう。
毛先を中心にトリートメントを馴染ませたら頭皮マッサージのスタートです。
指の腹をつかって頭蓋骨に張り付いた頭皮を動かすようにマッサージします。
手を軽く握り第二間接を利用してグリグリとマッサージする方法もおすすめです。
イタ気持ちいい位がベストな力加減です。
頭皮の血流がアップすると顔の血流もアップ、アンチエイジングに必要な成分を顔の隅々まで運んでくれますよ。

毎日の習慣が10年後の印象を変える

毎日のシャンプー時間は僅かな時間です。
けれど積み重ねれば膨大な時間になります。
今はわからなくてもちょっとした習慣が10年後の自分を変えてくれる!
そう信じて日々精進してゆきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です