ダイエットには赤身のお肉、さらに”グラスフェッドビーフ”がおすすめ。

”ダイエット中はお肉は食べない”
”お肉は太る”

という考えはもうすこ時代遅れのように感じます。
最近はダイエット中こそ、しっかりとタンパク質を摂る人が増えてきました。

ダイエットをしていなくても、”太りにくい体づくり”は女性にとって欠かせないもの♡

ささみや茹で卵など、”高タンパク低脂質”なものは欠かせませんが、
それと同じくらい今美容家の中で積極的に摂りたいのが”赤身のお肉”。
そして、赤身でもさらに”グラスフェッド”のお肉が注目されています。
gfb

グラスフェッドって何?

“グラスフェッド”とは、Grass fed,つまり、牧草を食べて育ったお肉のことを言います。
自然の中で放牧され、牧草を食べて育った牛が「グラスフェッドビーフ」。

私たちが普段口にしているお肉の多くが”グレインフェッドビーフ”。
穀物を主体とした飼料を食べて育っています。

なぜグラスフェッドビーフが注目されているの?

牛はもともと、”草”を食べて育っていましたよね。
それが、飼育小屋の中で育つ関係や、霜降りが多くなるように人間が手を加えたことにより、
本来ならば牛が食べることのない”穀物”を食べるようになりました。

牛にとってはとても”不自然な状態”なのです。
しかも、霜降りが多いということは、言って見れば肥満状態。

一方自然の中で育ち、
自然の物を食べて育ったグラスフェッドビーフはとても健康的。
自然の中でのびのびと駆け回って育っているので、
脂肪が少なく筋肉質で、赤身が多いのが特徴なのです。

そう、ダイエットには最適な”高たんぱく低カロリー”なのですね。
small

グラスフェッドビーフは栄養も豊富

牛の赤身肉には、美容に欠かせないビタミンB群が豊富に含まれています。
また、脂肪燃焼効果があると言われているL-カルニチン、
女性にとって欠かせない鉄分が豊富に含まれているのも嬉しいポイント。

そして最近注目されている”オメガ3”。
なんと、グラスフェッドビーフには普通の牛肉よりもオメガ3が豊富に含まれているのです!
これは、牧草に含まれるオメガ3がそのままお肉に含まれるため。

グラスフェッドビーフはどこで手に入るの?

なかなか普通のスーパーなどでは見かけることの少ないグラスフェッドビーフ。
アメリカでは”パレオダイエット”などが有名になり、
手に入りやすくなっていますが日本ではまだまだ普及していないようです。

自然食品を扱うお店や、一部お肉屋さんに扱いがあったり、
オンラインで購入される方が多いようです。

海外セレブにも注目を集めているグラスフェッドビーフ。
ぜひ一度試してみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

山崎 舞子(メロディ)

Sweet MaMa Lifeクリエイター&コーチ 自分を知って、満たして、活かして、魅せる♡育児も夢も仕事もスルリとこなす。 美しく豊かに生きるための情報を発信。 一児のママでありながら、事業家でもある。内側も外見も美しくいるために、食事、ファッション、メイクなどで自分を“魅せる”メソッド。