紫外線からお肌を守る「コウジ酸」で美白を叶える!

季節が移り変わるこの時期。まだ夏じゃないし大丈夫、そう油断していると大変な事に…。老け顔の大きな要因であるシミ。シミはしわの要因でもあるのです実はこの時期の紫外線が意外と強いと言われています。知らない間に紫外線を浴びてしまい、気づかないうちにお肌にシミが…。

メイクでは隠せない程シミが濃くなってしまうと、せっかくの美肌が台無しに。最近はレーザー治療でもシミは改善出来ますが、自宅でも簡単にケア出来る方法が注目されています。

知っておきたいシミが出来てしまうメカニズム

私達は外に出る事で紫外線を浴びてしまいます。紫外線を浴びるとシミの要因である「チシロナーゼ」が活性化し、メラニン生成を起こさせるのです。

メラニン色素がお肌に居座ってしまう事で「シミ」の大きな要因となってしまいます。

■紫外線からお肌を守る「コウジ酸」の美白効果■

・肝斑、そばかすの抑制

・皮膚の炎症抑制

・シミの大きな要因である「メラニン」を抑制

・メラニン生成を活性化させている「チシロナーゼ」をブロックする役割

つまり・・チシロナーゼによりメラニンが黒くなって来て、お肌に浮き出てしまうという悪循環を抑制してくれる作用から、美白効果、色素沈着抑制効果が見込めるというわけなのです。

甘酒

□自宅で美白ケア・・コウジ酸簡単パックの作り方□

①市販の麹を60度程度のぬるま湯に1~2時間程浸しておく。

②充分にお湯に浸した麹をガーゼ、またはフィルターなどでこす。

③こした麹をパックでお肌につけてラップなどで覆ってあげるだけでOK。

これだけでシミを薄く、また麹の美肌効果によってお肌がツルツルに。

■コウジ酸は甘酒にも・・■

甘酒には多くのコウジ酸が含まれています。

実際、お酒や味噌を醸造している方々の手がとても白いというくらいなので、この「コウジ酸」は美白効果がすごいという事は立証されているといえますよね。

甘酒は実際にお顔に塗っても良い様です。

※まとめ※

日頃から紫外線を出来るだけ浴びない様に日焼け止めを塗ったり、ビタミンCやEを多く含むトマトやほうれん草、ブロッコリーを摂取するなど、日々の食生活でも防ぐ事が出来ます。ビタミンCやEは美白は勿論、若々しい美肌を保つ為に、とても重要な要素です。大切なのはやはり毎日のケアや意識。食生活の改善や「コウジ酸」の美白効果を上手に活用して、ワンランク上の美白肌を手に入れましょう。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です