この時期必見!美肌に導く【食】で-5歳若返る方法とは?

これからの時期、紫外線の影響は大きく、シミやそばかすの要因になってしまう事から日焼け止めを塗るなど、自身で予防する人が多いですよね。
シミやしわが増えると、実年齢よりも老けて見えたり、お顔の印象は大きく変わってしまいます。化粧水を塗ったり、毎日お肌のケアをしたりと、表面的に防ぐ事も大事ですが、シミやしわの予防に効果的な食べ物がある事、知っていますか?シミやしわは「食生活」でも防ぐ事が出来るのです!

■シミやしわってどうして出来てしまうの??

※しわの要因

紫外線は3月から6月がピークで、この時期の紫外線は非常にダメージが大きいです。
皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3つの層で構成されています。
紫外線を浴びると、真皮層の「コラーゲン」や「エラスチン」が破壊されてしまう事で、お肌の弾力やハリが失われ、しわとなって肌表面に表れてしまいます。

※シミの要因

紫外線を浴びる事でメラニン色素を生成→お肌のターンオーバーが紫外線などのダメージによって追いつかなくなる事で、シミとなってお肌に残ってしまうのです。

■シミやしわに効果的な栄養素と効能とは?

①ビタミンC

ビタミンCには色素沈着を予防する効果と、シミやそばかすを薄くする働きがあります。
また皮膚や骨を作るコラーゲンの合成を助ける働きもある事から、シミだけではなく、しわにも大変効果的です。

ビタミンCを多く含む食べ物

イチゴ、キウイ、グレープフルーツ、柿、キャベツ、トマト、ブロッコリー、ほうれん草

 

②エラグ酸

エラグ酸はポリフェノールの一種であり、メラニン生成を抑制する効果があります。
また細胞の酸化の要因である過酸化脂質を防ぐ事から、しわの要因となる「老化」を防いでくれます。

エラグ酸を多く含む食べ物

ざくろ、イチゴ、ぶどう、ラズベリー

1ebd3f37cd0189f8585f5ee1a7c2f04f_s

③コラーゲン

お肌の土台になっている真皮の約70%はコラーゲンで構成されています。
真皮のコラーゲンが紫外線や加齢によって、破壊、または減少してしまう事で、真皮である土台がへたってしまい、しわやたるみの要因になってしまうのです。
また、コラーゲンの減少は、お肌の新陳代謝を低下させてしまう事から、シミの要因にもなるのです。

コラーゲンを多く含む食べ物

豚肉、うなぎ、鶏の皮、フカヒレ、エビ、ゼラチン

 

④ビタミンE

ビタミンEは「若返りビタミン」と言われている程、高い抗酸化作用があります。
切って放置したリンゴの皮が茶色く変色するのも、この「酸化」が要因。
ビタミンEには、老化の原因となる「活性酸素」を除去する働きがある事から、シミやしわの予防に大変効果があるのです。
また活性酸素がメラニン色素の元である「メラノサイト」を刺激してしまう働きがある事から、それを抑制する=しみ防止に効果があります。

ビタミンEを多く含む食べ物

アボカド、かぼちゃ、うなぎ、アーモンド、ひまわり油、すじこ

 

※最後に・・

シミやしわは外からも防止出来ますが、身体の内側からも出来るだけ防ぎたいものですよね。毎日の食事は、見た目年齢にも大きく影響します。これから紫外線が強くなるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です