すぐ実践!ちょい古風女から男は離れられない!?

最近はパートナーに友達のような感覚を求める男性が多くなっていますが、そんな中「ちょい古風」な感覚を求める男性が徐々に増えています。特に仕事で高い業績を上げている人や芸能界などで華々しく活躍している人達の間でこの傾向が強くなっています。何故「ちょい古風」が求められているのでしょうか。

「ちょい古風」が求められる理由

仕事等で活躍している男性は外では常に気を張った状態になります。そんな中でホッと出来るのがパートナーとの時間です。しかし友達感覚のパートナーは無意識に対等であろうとします。つまり心落ち着く場所ではなくなってしまう訳です。人前での振る舞いに関しても男性を引き立ててくれる「ちょい古風」な女性は魅力的な存在なのです。

「ちょい古風」はさりげない気遣い

「ちょい古風」女性には要所で男性をたてる気遣いがあります。例えば外食をした時、お会計は割り勘であってもレジ前でお財布を出したりしません。金額を確認したら店の外でサッと半額を手渡したりします。見ず知らずの店員さんの前で見栄を張る必要はありませんが、これが男性の自尊心をくすぐってくれるのです。

メイクや着替えも彼の目の前で堂々と行うのではなく、ちょっと隠れて行うといった恥じらいがあるのも「ちょい古風」の特徴です。メイクの過程に興味がある男性はまずいませんし、メイク中の顔はあまり見せられるものではありません。現実的な姿を見せすぎると恋愛感情も薄れてゆくので長く愛されるためにも恥じらいは持つようにしましょう。

デジタルな時代だからこそアナログが魅力に

些細な「ありがとう」や「ごめんなさい」でも手紙に書けるのが「ちょい古風」の良い所です。いつもはメールやラインなどのデジタルだからこそ、書くという行為がグッと刺さるのです。普段のちょっとしたことは一言や二言でも、誕生日や記念日のような特別な日には日頃の想いを長くしたためて送ってみてはいかがですか!?手渡しでも嬉しいものですよ。

女子からも一目置かれるイイオンナになろう

これまでに紹介した「ちょい古風」は彼だけでなく社内での人間関係にも応用出来ます。女同士の友情でも同じです。何でもストレートなのが良いとは限りません。相手の立場や想いを考えて時には立ててあげましょう。さり気ない気遣いは「イイオンナ」の条件です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です