守ってる!?化粧品の使用期限 こんな使い方も要注意!

新作の化粧品は見かけると気になってつい購入してしまうものだと思います。しかし家に帰ったら使いかけの化粧品がいくつもあったなんてことも珍しくないでしょう。捨てるにはもったいない、しかし新作が使いたい、こんな思いから使いかけの化粧品を放置していませんか!?でもその化粧品、消費期限が過ぎているかもしれません!

化粧品の消費期限とは!?

化粧品は消費期限を明記しなければならないという規則があるわけではありません。そのため消費期限を気にせずに利用している人も多い事と思います。しかし肌に良い成分は雑菌にとっても良い栄養となります。劣化する事で成分の状態に変化が起きる事もあります。購入後は出来るだけ早く使い切るようにしたいものです。

消費期限の目安

消費期限が明記されていない化粧品はどのくらいを目安に使用すればいいのでしょうか。未開封であれば3年以内、開封後は半年を目安に使いたいものです。ただしナチュラル系の添加物の少ない化粧品は劣化も早くなります。自然派コスメと呼ばれるものはもっと短い期間で使い切るようにしましょう。

使ったらどうなる!?

開封後の化粧品は空気に触れる事で酸化等の劣化が始まります。すると肌への刺激が強くなって痒みや肌あれの原因になる事があります。また使用する際に肌に触れたりしているとそこから容器内に雑菌が侵入、内部で繁殖してしまう恐れもあります。雑菌が毛穴から侵入してしまうような事になると炎症も酷くなり、治ったとしても跡が残るような事態になる可能性が高まります。

保存方法に注意する

化粧品は保存方法に気を付ける事でこれらの危険性を少なくする事が出来ます。直射日光が当たらず湿度や気温の高くない場所に保管する、これだけでも随分と違ってきます。しっかりと封をした状態ならば冷蔵庫の中もお勧めです。また使用中は肌に直接触れないように気を付け、クリーム等はスパチュラを使うようにしましょう。スパチュラも使用する度に綺麗に洗ってください。

時には思いきりも大事

高価な化粧品を買うと「ちょっと合わない」と思いながらも簡単に処分出来ないものです。しかし忘れた頃に使ったとしても良い事はありません。せっかくの成分も劣化が始まっているからです。時には思い切って処分してしまう事も大事なのです。このようなもったいない買い物をしないためには試供品を利用し、今の自分にとって必要なものか一度検討してから購入するようにすると良いでしょう。