彼氏の家から上司へのお礼まで、出来る女の手土産選びとは!?

彼氏の家(実家)に立ち寄る、彼の両親に挨拶をする、上司の家にお礼や挨拶に伺う、こんなシーンに手土産は必須です。
しかし正直言って手土産選びは面倒なもの。
ついつい最寄りの駅前や商店街などで無難な品を購入して済ませたりしていませんか!?
その手土産があなたの印象をグッと悪くしている可能性も・・・。
出来る女は「手土産選びがその人の印象を大きく変える」という事を知っています。
手土産美人になって「思わず感心される女」になりませんか!?

【贈る相手の情報はフル活用】

手土産選びにはいくつかのポイントがあります。
まず贈る相手の人数に合っているか、ということ。
家族構成を知っているなら当然ですが、知らない場合にもある程度予測して人数以上の品数が入ったものを選びましょう。

家族構成の他にも知っている情報があればフル活用するべきです。
高齢の方がいるならば堅い煎餅などは避け、食べやすい柔らかい銘菓を選ぶ方が良いかもしれません。
食事制限やダイエットをしている人がいる場合は菓子を避けてヘルシーな惣菜などを選ぶと喜ばれます。

【特別感をプラスして】

手土産を相手の地元で購入するのはNGです。
それでは慌てて購入したという印象が残ります。
地元では購入出来ない品を選び、そこから会話が広がるような品を選べれば更に良いでしょう。
自分の出身地の名物などは会話が弾み、自分をより深く知ってもらうためのきっかけにもなります。

相手の好みがはっきりしている場合には、近所で購入出来ない好物をわざわざ買って行くというのも喜ばれます。
「わざわざ」という点にあなたの気遣いを感じてくれることでしょう。

渡したい相手に会えない可能性がある場合にはメッセージカードをバッグに忍ばせてから出かけてください。
直接渡すことが出来なかった時に一言メッセージを残すのです。
例えば「突然お邪魔して申し訳ありません。よかったらお召し上がりください。」こう残すだけでも真心を感じるものです。

【相手を困らせない配慮】

手土産においては相手に負担をかけないということも大事です。
過剰に高価な品を贈ったりすれば相手はそのお返しに頭を悩ませることになります。
相手との関係にもよりますが、1000円から3000円程度に納めるのが理想的です。

日持ちしないものや、保存に気を遣うものも避けるようにしましょう。
例えば食べきれない程のアイスクリームは冷凍庫にスペースがないと迷惑なだけです。
臭いの強いものなども避けた方が安心です。

【喜んでもらいたいという気持ちが大切】

手土産選びはやはり相手への心遣いです。
喜んでもらいたいという気持ちを大切に、真心を添えるような品選びを心掛けたいものです。
面倒だなんて言って手を抜いては自分が損するだけですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です