花粉の時期はメイクで守れ!花粉症攻略メイク術

暖かくなってきて嬉しい反面、花粉症の人には辛い時期がやってきましたね。目がかゆくなったり、くしゃみが出たり、喉の粘膜がかゆくなったり・・・女性にとって一番悩むのがこの時期のメイク。ノーメイク若しくはフル装備で花粉から守ってお出かけしたいけれど、そういうワケにもいかない。マスクやメガネという手段もありますが、いつものメイクを少しずつ変えるだけで花粉の時期もメイクを楽しむことが出来るのです。マスクでも見える部分はメイクしておきたいそんなマスク女子用メイクをポイントでご紹介します。

花粉症メイクのポイント

花粉症は、肌に花粉がつくことでアレルギー反応がでて肌荒れが起こりやすくなります。それをブロックするためにも保湿を意識しながらベースメイクをしましょう。メイクをしていると直に花粉が肌に触れないので花粉から肌を守ることができるのです。

マスクを着け外ししているとファンデが落ちてしまったりしますが、せめて取れにくい、刺激の少ないベースメイクにしたいもの。

ファンデーション選び

花粉症の時期はパウダーなどの粒子が目や鼻に入ると症状をさらに悪化させたり刺激してしまうので控えめにしたいもの。肌の乾燥が気になるタイプの方は保湿力のあるリキッドかクリームファンデーションを使うというのも一つの手段です。その場合は仕上がりがマットタイプのプレストパウダーを選びましょう。最近はリキッドタイプのミネラルファンデーションもあります。ミネラルファンデは時間の経過と共に、皮脂と馴染みカバー力も意外とあるのです。 リキッドに比べて肌への負担は少なく、皮膚呼吸している感があります。帰宅してからすぐ落とさなくてはならない花粉は洗顔料で落とすことが可能という手軽さも嬉しいですね。

アイメイクは最小限に

花粉症の時期はまつげや目の周辺の皮膚を休ませると考えて、つけまつげはお休みしましょう。

◆マスカラ 繊維入りは目に入って刺激になることもあるので避けましょう。アイメイクは落とす時の方が刺激になるのでお湯でおちるフィルムタイプで、涙に強いウォータープルーフのものがおすすめ。

◆アイシャドウ クリームタイプがおすすめです。粒子の細かいパウダーアイシャドウだと目のキワや粘膜に粉が付きやすく目や鼻に刺激を与えてトラブルになりかねません。アイシャドウを使いたい場合は目のキワを避けてクリームタイプにしましょう。

◆アイライナー 強く力を入れないで済む柔らかいペンシルライナーか、お湯で落ちるフィルムタイプでウォータープルーフのリキッドライナーで粘膜を避けて使いましょう。目尻にアイラインをいれるだけでも目の形のコンプレックスを変えてくれます。

◆眉 眉はいつも通りでOK。マスクをしていると目の周辺に視線が行き、顔の印象を決めるウェイトが大きくなります。マスクマジックが起きているのは実証済み。眉の描き方次第で顔の印象が大きく変わります。

最後に

花粉症対策はやはり花粉に触れないのと鼻や目を刺激しないのが一番です。花粉症の時期は花粉から肌を守るベールだと考えながらメイクを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です