美には和食!日本のいいものを知ろう

アサイー、スピルリナ、チアシードなど、話題のスーパーフードはたくさんあります。スムージーにしたり、アサイーボウルとして楽しんだり、食べ方も様々。たしかに高い栄養価があり積極的に摂取したいものだけど、もっと身近で手軽に美しくなれるものってなんだかわかりますか?

日本人には和食がある!

子どものころからずっと接してきた、和食。洋食のほうがおいしいじゃん!と海外に憧れたり、コンビニでおにぎりではなくサンドイッチをチョイスしたり、わたしたちは大人になるにつれどんどん海外の食文化に慣れてしまいました。でも、反対に海外では、ヘルシーだということで和食ブームが起きているのを知っていますか?遠くの食材に手を伸ばさなくても、身近なもので綺麗になれるんです。

和食の美容効果

お味噌汁

味付けのメインである味噌は発酵食品です。発酵食品には抗酸化作用があり、美肌効果が期待できます。味噌以外にも、納豆や酢が発酵食品になります。味噌の原料である大豆はビタミン類がたっぷり。入れる具材も幅広いことから、ほかのおかずで摂取できなかった栄養素を補うことができる万能料理です。カツオでお出汁をとることにより、肌荒れへの効果も期待できます。

煮物

食材は煮ることでやわらかくなり、量も減って感じられるため、生で食べるより大量に栄養をとることが可能になります。熱を加えることで失われてしまう栄養価もありますが、反対に、熱に強い栄養価もあります。たとえば緑黄色野菜に含まれるβカロチンやビタミンEは油で調理したほうが吸収率がアップするのです。また煮汁までいただくことで食材の栄養を逃さず取り入れることができます。

梅干し

梅干しには整腸効果があるので便秘解消に役立ちます。また、梅干しを食べると酸っぱくて唾液が出ますが、この中にはパロチンというものが含まれており、これは細胞を活性化して若返りをさせるアンチエイジング効果が期待できます。

おわりに

新しい食材を次々に試していくのも楽しいけれど、やはり日本人には和食がなにより身体に合うもの。うまく取り入れて、身体の中からキレイになりましょう。