意外と知られていない!毎日のお手入れで美しい歯を保つ3つの方法

皆さんは、日頃きれいな歯を保つためにどんなお手入れをされていますか?
人の歯は、見られていないようで意外と見られています。

今回は歯科医の先生に聞いた、毎日のケアで美しい歯を保つ3つの方法をご紹介します。

1.歯ブラシを購入するときは○○を選ぶ

2.歯を磨くときのコツ

3.歯は定期的に検診する

 

1.歯ブラシを購入するときは○○を選ぶ

歯ブラシを選ぶとき、ただ何となく選ぶのはNG。選ぶときは2つのポイントを意識しましょう。

歯ブラシは小さいものを選ぶ

歯ブラシのヘッド(歯を磨く部分)は小さいものをお勧めします。大きいもの選んでしまった場合、歯に当たる面が大きいため綺麗に磨けている気分になってしまいますが実際は磨けていないことが多いのです。
しっかりと汚れを除去するためにも小さいサイズのものを選びましょう。

質感は柔らかいものを選ぶ

質感の好みは様々ですが、爽快感を求める方にとって固い質感は魅力的です。しかし、固い質感の歯ブラシは力の加減によっては歯茎を傷つけてしまいます。できるだけ質感は「柔らかい」を選び、歯を傷つけないようにしましょう。

2.歯を磨くときのコツ

歯を磨く際は、「ちゃんと磨けているか」が重要です。次の2点を意識しましょう。

歯磨き粉はつけすぎない

歯磨き粉って、つい多く使いすぎてしまいませんか?現在の歯磨き粉は、味もまろやかでフッ素や除菌の効能が含まれているものが多いため使用していただきたいアイテムです。

しかし量が多いと爽やかさだけが口の中に広がり、これもまた「磨いた気分」になってしまい、歯を磨く行為そのものがおろそかになってしまいます。歯磨き粉は少量でも十分効果があるため使いすぎないほうがよいでしょう。

色素のあるものを飲食した際は早めに歯を磨く

最近は、口臭だけに気をとられて口臭ケアのタブレット菓子でランチ後の歯磨きを済ませる方も少なくありません。

しかし色素のあるものを飲食した場合、色素沈着が起きる前に早く歯をみがくだけでも十分に効果があります。

できるだけランチ後は積極的に歯を磨くことで、口臭ケアと色素沈着の予防を行いましょう。

3.歯は定期的に検診する

髪や肌のお手入れと同じように歯にもメンテナンスは必要です。歯の定期検診を行うと次のメリットがあります。

虫歯・口臭の予防ができる

定期検診は、虫歯の予防や口臭の原因である歯周病・歯肉の晴れも確認できるため、自分では行き届かない部分のケアが可能です。

クリーニングで歯を白く綺麗にすることができる

色素沈着の改善は医院で行う施術が必要です。特によく見える前歯は色がそろっていて綺麗だと第一印象もぐんと良くなります。

ホワイトニングはコストもかかってしまいますが、クリーニングを定期的に行うだけでも歯はかなり白く綺麗になるためオススメです。

自身の美しい歯を維持するためにも、毎日のお手入れや定期的な検診は欠かせません。是非、できることから始めてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です