捨てちゃダメ!意外な部分に意外な美容成分が!

料理を覚えた時に野菜の皮は剥くもの、硬い芯は捨てるもの、と教えられた人は少なくないと思います。しかしちょっと待って下さい!今まで捨ててきたあの部分は実は食べる事が出来るのです。しかも美容成分がたっぷり!捨てるなんてとんでもない事だったのです!

じゃがいもの皮

皮つきのフライドポテトを食べた事のある人は多いと思います。しかし家では皮を捨てていませんか!?皮の部分には整腸作用があってダイエットにも有効的な食物繊維や 抗酸化作用のあるビタミンC,不足しがちな鉄分が多く含まれています。皮を捨ててしまっては損なのです。しかし芽の部分は取り除いてから食べてください。

にんじんの皮

口に残るのが気になる事もあるにんじんの皮ですが、ここにも美容成分が含まれています。体内でビタミンAに変わるカロテンです。肌荒れを予防し美肌に導いてくれる成分のため女子は欠かす事が出来ません。油と一緒に摂るのが効果的なので、きんぴら等の炒め物がお勧めです。

大根の皮

大根の皮にはビタミンCが多く含まれています。すりおろす時は舌触りが気になるかもしれませんが、スティックにしてディップで食べれば気になりません。ビタミンCは加熱に弱いため効率良く摂るためにもお勧めの食べ方となります。 

ブロッコリーの芯

栄養価が高い事で知られるブロッコリーですが、太くて硬い芯の部分にも美容成分がたっぷり含まれています。先ほども紹介したカロテンとビタミンCです。どちらも美肌効果の高い成分なので捨てずに食べるようにしましょう。ピーラーで表面を剥くと柔らかくなって食べやすくなります。

りんごの皮

果物の皮も優秀です。りんごの場合は整腸作用の高い食物繊維ペクチンやビタミンCが含まれています。ダイエット中のフルーツとしてもお勧めです。スムージー等を作る場合も皮ごと利用するように心掛けましょう。

柑橘類の皮

ビタミンCで言うならばオレンジ等の柑橘類の皮も捨てては損です。皮には果肉の倍近くの量のビタミンCが含まれているからです。一度乾燥させると日持ちするようになるので、みじん切りにして薬味にしたり、はちみつ漬けにして紅茶のお供にしたりと楽しんでみて下さい。

皮ごと食べる時の注意点

皮ごと食べる際には「泥をしっかり落とす」「国産や無農薬の物を選ぶ」この2点に注意するようにしてください。泥が十分に落ちていないと体に害が出る危険性がありますし、皮には農薬が多く残っているケースもあります。美容成分の効果を減らさないためにも注意して下さい。

皮は自然のサプリメント

皮などの捨ててしまっていた部分には多くの美容成分が含まれています。いわば自然のサプリメントです。使える部分はとことん使ってムダの無い生活を送りましょう!