冷え性に悩む女子必見! この冬は、食生活で寒さを解消する!?

冬だからこそ、おしゃれのために薄着をする女性が増えています。たしかに、寒い季節にすっきりとしたファッションを楽しむことは、美的感覚としてはOKですが、美容と健康のことを考えると、もちろんNG!

しかし、クリスマスパーティーや、彼氏さんとのディナーで、どうしても、ドレスを着て肩を出したり、薄手のミニスカートをはかないといけないという場面はありますよね。

そんなココイチバン!にそなえて、内面からあたたかい身体を作りましょう!

食生活で内側からあたたまる女に

しょうが習慣をつけませんか?

あたたまる食材とえば、やはりトップはしょうがとにんにくですよね。
でも、にんにくを食べ過ぎると、直後の口臭だけでなく、汗がにんんくくさくなったり、体臭そのものがきつくなる心配が。

そこでおすすめなのは、しょうが。
しょうがなら、ニオイがありませんから、どの料理にも使うことができますよね。

そこで、少量ずつでかまわないので、すりおろししょうがを、薬味のかわりに、1日3食毎回少量ずつ食べる習慣をつけましょう。湯豆腐の上にかけたり、ごはんに混ぜたり、いろいろな工夫をしてしょうがを使ってみてみましょう!
すりおろししょうがは、タッパーに入れて持ち歩いてもOKです!

知らず知らずのうちに、新陳代謝が活発になって、冷え性知らずの女になれますから!!

冬だからこそ、ネバネバ効果を体感!

身体がちぢこまる寒い時期だからこそ、内側からデトックスして、効率よく暖をとれる身体を作る必要があります。
そのために素晴らしい働きをしてくれるのは、ネバネバ食品です。オクラは冬に入手するのはむつかしいかもしれませんが、長いも、納豆などは、比較的手に入れやすい食品ではないでようか?

ネバネバ食品は、地味ですが、女性にとって大敵な便秘や冷え性に悩む女性には必見です。納豆にしょうがを混ぜていただいてもいいですし、長いもと納豆をあえた納豆どんぶりも、冬の食卓にはおすすめの1品だといえるでしょう!!