百害あって一利なし!気温が上がった今こそ冷え性対策に力を入れよう!

やっと気温も上がってきて快適に過ごせる日も多くなってきました。冷え症の人にとってホッと出来る季節がやってきたとも言えるかもしれません。しかしそんな油断が実はとても危険なのです。隠れ冷え症を生んでしまうからです。冷えは女性の大敵です!気温が上がった今だからこそ冷え症対策に力を入れましょう!

暖かい季節の冷えが危険な理由

寒い季節は外気温が低いので自然と体を温めようとします。温かい食事や飲み物を摂り、洋服を着こんで暖を取ろうとします。ところが気温が温かくなると薄着になり、冷たい食事や飲み物を摂る機会が増えます。知らず知らずの内に冷える体にしてしまっている人がとても多いのです。

冷え症は女性に様々な弊害をもたらします。血液の循環が悪くなるので肌の状態や髪質などに悪影響をもたらすことがあります。具体的には肌の血色が悪くなったり、肌あれやシミ、シワ等の要因の一つにもなったりします。便秘や肩こり、血管に関係のある疾病を引き起こすこともあります。ただ冷えて辛いというだけでは済まない事もある恐ろしい症状なのです。

日頃の生活習慣で改善出来る

冷え症の改善は決して難しい事ではありません。しかし日頃の生活習慣を見直し、それを継続する必要があります。まずは出来る事から取り入れて徐々に生活を改善してゆくようにしましょう。

冷え症に効果的な方法は
 ・シャワーでなく湯船につかる(半身浴や足湯も効果的)
 ・ストレッチやウォーキングなどの軽い運動を定期的に行う
 ・締め付けの強い下着や洋服を身に着けない
 ・冷たい飲み物等を多く摂らない
 ・水分はこまめに、しっかり摂る
このような比較的簡単な方法でも積み重ねる事で大きな効果を期待出来ます。一般的にはショウガが有効的だと知られていますが、残念ながら生では冷え症に対する効果はありません。必ず加熱したものを摂るようにしてください。

気温が高い季節に特に気を付ける事

更に気温が高くなると肌の露出が多くなり、冷たい飲料や冷房等を利用する機会が増えてゆきます。外気温が高いので気付きにくいのですが内臓の冷えを誘発しやすい環境になります。夏本番の熱い季節が来る前から常温の飲料水を摂るようにし、薄着になっても足先やお腹周りをしっかりと温めるという行為にも慣れておきましょう。内臓の冷えを解消する事で暑さにも強い体を作ることが出来ます。

自分の体調を管理出来る賢い女性になろう

冷えが体に悪いとはいっても冷たいドリンクや露出の高いファッションを楽しみたい時もあると思います。賢く自分の体調を管理するには、外出時には好きなファッションを楽しみ自宅では生活スタイルに気を付けるといった考え方が大切です。ストール等を持ち歩いて強い冷房から守るようにもしたいものです。冷たいドリンクもゆっくり飲む事で冷えを和らげることが可能です。モデルの多くは当たり前のように行っている事なので「モデル気分」になって賢く体調管理をしてゆきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です