ほうれいせんをカムフラージュするメイクとは?!

年とともに目立ってくる【ほうれい線】。やっかいですよね。予防を目的としたエクササイズや、スキンケア方法はいくつかありますが、即効でカムフラージュするためには、やはり、メイクを見直すのが1番ですよね?!

ハイライトを重視

顔に光を集める


ほうれい線だけでなく、顔に陰翳が目立つと、顔全体の印象が険しくなったり、暗い人に見えたりすることも。
そこで、顔に不自然な凹凸をつくらないようにするのがポイントです。

まず、頬の三角ゾーンに、明るめのハイライトをのせましょう。
シャンパンカラーやベージュ、アイボリー、桜色などが適しています。
くっきりではなく、ふんわりとソフトに。
大きめの刷毛を使ってぼかすように入れるのがコツですね。

ハイライトは、近くの鏡でみたときには、「こんなものかな?」という程度でしかありません。
しかし、写真にとったり、ショールームの鏡など遠目で確認すると、あっというほど、印象がちがいます。

顔全体がくっきりと整い、顔が小さく引き締まって見えます。
これだけでも、ほうれい線がすこし目だちにくくなった気がしませんか?

ズバリ、ほうれい線に直接、アプローチ?

次に、ほうれい線に直接アプローチする方法をお教えします。
それは、ほうれい線の上にじかに、ハイライトを入れることです。
もちろん、わかるか、わからないか、程度のうっすらでかまいません。
ただし、光を際立たせたいために入れるハイライトではないので、パールやラメは使わないようにしましょう。

たったこれだけですが、目の錯覚で、ほうれい線が薄く目立たなくなっています。

オトナのメイクは、目やくちびるを強調するのではなく、光を味方につけ、いらないものをレフ版のように飛ばしてしまう、カムフラージュに重点をおくことをおすすめします。
ほうれい線に直接、ハイライトをのせることによって、明るい影のできにくいフレッシュな笑顔が戻ってきますから、ぜひ、お試しくださいね!!