暑い夏こそ!ホットドリンクであったまろう

暑い!ノドが乾いた!氷たっぷりのお水をぐーっと飲みたい!なんて叫びたくなるほど、暑い日がつづいていますね。歩くだけで汗が流れるような日は、ひんやり冷たい飲み物に涼と潤いを求めたいところ。でもちょっと待って。こんな暑いときでも、ホットのドリンクを選ぶべきって知ってますか?これを読めば、カフェでもついつい「ホットで!」と頼みたくなっちゃいますよ。

身体を冷やすと起こること

身体を冷やしてはいけない、と聞くことは多くても、実際に冷やしてしまうことでどのようなことが起こり得るのか知らない人もいるかもしれません。

様々な病気の原因に

すぐにひらめくのは風邪ではないでしょうか。冷えることで、風邪を始めとする病気にかかる可能性が高まります。たとえばヘルペスができたり、胃腸炎になったり、大きなものになると心臓の病気などにもつながることがあります。また、冷えることで代謝が低下し、むくみが生じることもあります。

「冷え」は女性の敵!

女性特有の部分で考えると、たとえば月経です。生理痛がひどいとき、おなかをあたためていませんか?これは、冷やすことで痛みが増してしまうからですよね。冷えから月経不順になることもあります。さらに、妊娠をしづらい人は、原因のひとつに子宮の冷えを指摘されることもあるのだとか。女性としては、意識して冷え対策を行いたいところです。

ホットドリンクで手軽にぽっかぽか

8bc335a4a5d52f28dfdcdd9a8777525c_m
身体を冷やさないようにするには、積極的に手足を動かすなど、運動するのが手です。でも、今までにない習慣を突然始めたり、「運動しよう」と考えるとついハードルがあがってしまうものです。飲み物であれば毎日必ず飲むものなので、大きく意識を変えずとも冷え対策をスタートできます。

朝の1杯をお白湯に変えて

起きてすぐにお水やお茶を飲んでいる人は、今日からお白湯に変えてみましょう。さらにあたため効果を得るために生姜などを加えてもいいでしょう。身体の芯からあたたまり、いい1日のスタートが切れることまちがいなしです!

おわりに

通勤電車や会社の中、休日のデパートなど、現代の私たちはいつでも冷房の風に包まれています。身体の中からくらいはあたためてみませんか?多くの不調の原因である「冷え」を取り除くだけで、毎日が少しでも過ごしやすくなるはず。さぁ、今日からいつでもドリンクは「ホットで!」