過剰はNG!?白湯の飲み過ぎに注意しよう

健康や美容によいとされ、老若男女問わず親しまれているのが、白湯。
お水を温めて少し冷ますだけ、という手軽な作り方も人気の理由で、あなたも一度は飲んだことがあるかもしれません。
デトックス効果があるとされる白湯ですが、手軽でおいしいからとがぶがぶ飲んでしまっていませんか?
今回は、白湯の飲み過ぎについてお話ししていきます。

白湯を飲み過ぎると

むくむ

いくら健康によいとされる白湯でも、そもそもは水分。これまで以上に多量の水を摂取してしまうと、当然むくみます。
デトックス作用があるとされる白湯ですが、通常の水よりも体内に吸収されやすいため、過剰摂取はむくみの進行を早めてしまうことに。

栄養が偏る

白湯をたくさん飲むと、それだけでおなかがいっぱいになってしまいます。そうすると、ついつい食事を後回しにしてしまったり、軽食で済ませてしまうかもしれません。
最初はすぐに体重が落ちるため、ダイエットできたと感じるかもしれませんが、栄養不足の状態で体重を減らすのは大変危険です。
水ばかり飲んで大事な栄養をおろそかにしてしまっては、健康や美容に良いとはいえませんね。食事がとれなくなるほどの多量摂取はやめましょう。

白湯の飲み方

白湯は1回に200ml、1日に800mlを目安に飲むとよいとされています。だいたい、コップ4杯分です。
飲むときも、ごくごくとのどを鳴らして飲むのではなく、すするように少しずつ飲んでいきます。これを間違えると、200mlなんて一瞬でなくなってしまいますね。時間にゆとりを持ち、ゆったりと白湯を飲めるようにすると、心も落ち着きます。

おわりに

正しく飲めば、白湯は私たちの身体をより良い方向へと導いてくれます。効果を期待して一気に飲むことはせず、気長に白湯と付き合っていきたいですね。