はちみつで歯を磨きますか?

白くて透明感のある歯。好感度が高い人は、みんな、口元に清潔感がありますよね。粒のそろったまっしろで美しい歯並びは理想ですが、歯列矯正を受けたり、ホワイトニングを続けたり、デンタルケアには根気とお金がかかります。
しかし、いつも使用している歯磨き粉をあるものにチェンジするだけで、歯石がつきにくい歯になれるのなら、ぜひチャレンジしてみたいとおもいませんか?

おそるべし! はちみつパワー

はちみつは、むしろ虫歯をふせぐ?

そのあるものとは、ズバリはちみつです!!
一瞬、「え? 」とあきれますよね。
これまで、甘いものを口にすることは、虫歯になりやすくて、むしろ、デンタルケアの敵! だと考えられてきました。

ところが、ピュアなはちみつは、殺菌作用が強く、むしろ、歯の健康を見直すためには、ぜひ取り入れて欲しいものなのですから。

はちみつをそのまま食べたり、パンに塗っていただいてもいいのですが、もっとも効果がある使用方法は、歯磨き粉のかわりに、はちみつを使うことなのです!

歯石をつきにくくするだけではない!


日々の歯磨きをはちみつにチェンジすると、まず、プラークが溜まりにくくなって、結果的に歯石がつくのを防ぐ効果があります。
また、虫歯ができにくくなったり、やっかいな歯槽膿漏の予防にも適しています。

歯ブラシに適量のはちみつを垂らして、そのまま磨くだけですから、カンタンに実践できますよ!
もしも、結晶化して白く固まっている場合は、通常のはちみつよりも、分量を多めに使えばOKですから。アカシアやレンゲはちみつなどが、デンタルケアとは相性がよいといわれています。

はちみつは、いかにも虫歯になりそうなイメージですが、むしろ逆で、ニュージーランドでは、夜寝る前の歯磨きにはちみつを取り入れているそうです。白く輝く口元を手に入れるために、自宅で、自分でできることから、まずは、はじめてみませんか?
継続していると、少しずつすこしずつ効果を実感できるはずですから!!