お手本は【お雛さま】やさしく・はんなり美人になるメイク

美人を形容する言葉として「卵に目鼻」という言葉があります。
これは、なめらかな肌と同時に、必要以上に自己主張をしない顔立ちをさす意味がこめられています。が、殿方の理想的な美人でもあるのではないでしょうか?

雛人形のような日本的な美人を目指す女子必見! のメイクテクニックを紹介します。

元祖・引き算メイク!? 

お雛さまは意外に彫りが深い? 

お雛様といっても、実は、さまざまな種類があります。店頭でくらべてみると、あらふしぎ!
丸顔で童顔という可憐なものから、スッとした切れ長の眼の色っぽいお雛さか。平安美人のような下膨れ、現代風の眼がぱっちりとした雛人形まで、実に豊富なラインナップがありました。

ということは逆にいうと、どんな顔立ちをしている女性でも、あのみやびやかな雰囲気に近づくことができるのですね。

いよいよ実践! お雛さまメイクとは? 

さて、どのような顔立ちでもお雛さまにはなれるとお伝えしましたが、やはり雛人形というからには、雰囲気は女性らしくみやびでなければなりません。

そのためには、肌はしっとりとした質感をキープするために、ベースを塗る前に乳液やクリームでしっかりと保湿をしましょう。
そして、矛盾するようですが、マットな仕上がりになるファンデーションを均一に塗るのがコツ。
マットタイプをチョイスすると、何もしなくても肌色が均一に見えてきちんと感がかもし出されますから。

次に、眉はなだらかにやわらかな色で描き、アイラインとマスカラは、ほどほどにしましょう。
とくにマスカラを強くすると顔に力強さが出てしまうので、下まつ毛にわずかに塗るくらいがちょうどよいバランスです。

そのぶん、チークは幅広く、ピンク系など淡く優しい色彩をチョイスするとバランスがよくなっておすすめです。
それも鋭角に入れるのではなく、ふんわりぼかすような感じにすると、みやびに見えてニュアンスが生まれますよ。
あまったチークを鼻や、耳にもわずかにのせると、ほのかな色気が出るのでためしてくださいね。