若い女性の間で深刻!!「隠れ便秘」に打ち勝つ方法とは?

おなかがゴロゴロと鳴る。
というのは、空腹だからというだけではありません。

逆に、おなかが張って苦しいとき、満腹の状態のときにも、おなかがゴロゴロと音をたてるのです。
これは、ちょっと厄介ですよね。
いったい、なぜでしょうか?

隠れ便秘急増中!!

ガスが溜まる!?

おもな原因は、腹部にガスが溜まっているから。というのが定説になりつつあります。

女性は、その体の構造上、男性よりも便秘をしやすいものです。
でも、きちんとお通じはあるのに。
ふしぎだなと、おもいますが、現在、このような「隠れ便秘」は、若い女性を中心に、急増中なのです。

とくに、生活が変わったとき・強いストレスにさらされたとき・また、食事の時間が不規則になったときに、発症しやすく悪化しやすいことが知られてきました。

もちろん、これまでにも、隠れ便秘に悩んできた人は多かったのではないでしょうか。

しかし、あまり話題にならなかったのは、どうしてなのでしょうか?

それは、ナイーブな性格な人や、人見知りが激しい人が、かかりやすく、また治りにくいことから、問題視されないまま、通り過ぎてしまっていたのでしょう。

隠れ便秘対策

それでは、この隠れ便秘を治すには、どうしたらよいのでしょうか?
まず、腹部に溜まったガスを抜くことが肝心です。

朝、起きがけに、常温の水か、野菜ジュースなどを身体に通すと、余分なものを排泄しやすくなります。

これが、冷たい水だと、胃腸を刺激しすぎて、下してしまうことがあるので、体温よりも、低い温度の水分を一気飲みするのは、やめましょう。

そして、洋服(または、パジャマ)の上から、ひらがなの「の」を描くように、マッサージするのも効果的。

このとき、ただ、さするだけではなく、おなかの皮を軽くつかんで、左右に揺らすようなイメージで、マッサージをすると、良いでしょう。

たかが、便秘だとあなどっていても、老廃物を溜め込んだままだと、ダイエットの妨げになったり、お肌がくすんでしまいます。

気がついたときから、対策をはじめませんか?

寝ころがっいても、坐っていても、立っていてもかまいません。
気持ちよいと感じる範囲で、ゆっくりと、やさしく刺激を与える習慣をつけると、すこしずつ改善していきますから。