熱中症予防と、美容のために、○○を食べましょう!

体に熱がこもりやすい夏。
ついつい、アイスクリームやビールのような冷たいものが恋しくなってしまいますよね。

けれども、いくら真夏とはいえ、必要以上に身体を冷やすと、新陳代謝がとどこおり、美容の妨げにつながりますから。

そこでおすすめなのは、ウリ類を食べることです。
ウリ類とは、きゅうりや、スイカ、冬瓜などのことですが、口当たりがよくほてった身体にスムースに入っていきます。

おいしく食べて、適度に、身体の熱を冷ましましょう。

夏野菜と美容! 

elly20160701005919-thumb-autox1600-25159[1]

きゅうりだけではない! 

ウリ類といえば、代表的な野菜はきゅうりですよね。
しかし、きゅうりのほかにも、冬瓜や、スイカ、ゴーヤーなどがあります。
いずれも、主成分は水分ですが、適度にビタミンやミネラルがふくまれており、いずれも、肌のためにも積極的に食べたい野菜だといえるでしょう。

ゴーヤー

沖縄の代表的な食材のひとつである、ゴーヤー。
苦瓜と呼ばれるほど、強い渋みがありますが、食べなれるとあの苦さがクセになります。

気になる栄養素ですが、ビタミンAとビタミンCが豊富にふくまれています。
強い紫外線にさらされて育つため、強い抗酸化作用があり、美白や老化防止効果が期待できるでしょう。

あの独特の風味が苦手な人は、いったん下ゆでをすると食べやすくなりますが、ビタミンCが失われてしまいます。
お酒とも相性がよく、豚肉といっしょに、炒め物にすると食べやすくなりますよ。

冬瓜

冬の瓜と書いてトーガンと読みます。
一見すると冬にとれるウリのことかとおもいますが、夏に収穫しても、冬までもつほど丈夫で保存がきく野菜という意味から、冬瓜と名付けられたそうです。

主成分のほとんどは、水分ですが、みずみずしく口当たりがよいので、食欲がないときや、熱っぽいときにも安心して食べられます。

カリウムが多いので、むくみの解消に即効性が。
便秘からくるニキビの改善や、低カロリーであることから、ダイエット中のおやつとしても適しています。