夏の皮膚トラブルに注意!「あせも」の予防方法とは?

気温も高くなり、暑い日が続いていて、夏真っ盛りという時期になりましたね。夏は紫外線や汗など、皮膚にダメージを受けてしまいます。きちんとしたケアで、肌を露出する機会が多い夏も、綺麗なお肌を保つことができたら最高ですよね!今回は暑い夏ならではの皮膚トラブルである「あせも」について、ご紹介したいと思います。

あせもとは?

あせもとはどのような皮膚トラブルかご存知でしょうか?あせもは、かゆみを伴う小さな赤いプツプツが皮膚にできるものです。乳幼児に多く見られるものですが、汗をかくこの時期は、大人でも油断はできません。あせもができるのは大量に汗をかいた時に、皮膚の中に汗がたまってしまうことでできます。あせもができやすい場所は、頭・おでこ・首・ひじの内側・ひざの裏側など、汗が乾きにくい部分です。夏に限らず、汗を大量にかく環境にあるとあせもは生じやすいので、汗をかいた時のケアが大切になります。

あせもの予防方法

私たちの体は、汗をかくことで体温調節をしたり体内の老廃物を排出しています。「汗をかくこと=悪いこと」ではなく、汗をかくことは、健康にとって大切になります。あせもは前述した通り、汗が原因で生じる皮膚トラブルなので、あせもを予防するためには、汗をかいたあとのスキンケアが大切になります。汗をかいた後は、シャワーで流したり、清潔なタオルで拭き取ることが必要になります。運動する際には、汗を吸収しやすい綿素材の衣類を選択したり、速乾機能のある衣類を選択していくと良いでしょう。これからの季節は特に汗をかきやすくなっていますので、日々のスキンケアであせもを予防していくことが、綺麗なお肌を保つために必要となってきます。

いかがでしたか?夏の暑い時期におきやすい「あせも」。みなさんも日々のスキンケアであせもを予防し、露出しても問題ない、綺麗なお肌を保っていきましょう!ぜひ参考にしてみてください。