毎日の生活に薬膳を。簡単にできて梅雨の不調を乗り越えるメニューとは?

梅雨の時期はジメジメして気分も重くなりがち。

とても湿ったこと時期に大切なのは、

”体の中に余分な水分を溜め込まないこと”

なのです。

ajisai_0003

中医学から見た梅雨

中医学とは、中国に伝わる医学で、”薬膳”としても知られていますね。
中医学では梅雨の湿気の多い時期は”湿邪”が原因で体調不調を起こしやすいと言われています。

梅雨の時期に出やすい体の不調

ジメジメとするこの季節。
髪がうねったり、洗濯物が溜まったりするだけではなく、
体にも不調が出やすい時期。

主な症状としては
■ 食欲不振
■ 胃もたれ
■ むくみ
■ めまいや立ちくらみ
■ 身体が重だるい
■ 眠い
■ 下痢
などがあげられます。

これは湿邪によって、
体の中に不要な水分を溜め込んでいることが原因
なんだとか!

でも大丈夫!
中医学では、普段の食べ物を少し気をつけるだけで
この”湿邪”を取り除くことができると言われています。

 

梅雨に負けないためには?

この”湿邪”を取り除くには、3つの方法があります。
○尿として出す
○汗として出す
○消化機能を高める

利水作用の強い食べ物を摂ること、
胃腸をいたわる食事をすること、
が大切。

具体的にはどんなものでしょう?

 

梅雨にオススメの食材

◎体を温めて発汗させるもの
葱・生姜・豆鼓・シソなど

◎湿気を取り除く食材
豆類(枝豆、グリーンピース、そら豆、大豆、さやいんげん、スナップエンドウ、緑豆など)、芋類、とうもろこし、かぼちゃ、大麦、ハト麦、昆布

◎利尿を促す食材
あさり、しじみ、セリ、セロリ、とうもろこしのヒゲ、白菜、もやし、レタス、きゅうり、冬瓜、すいか、小豆、緑茶

 

毎日の生活に取り入れよう

この時期は油っぽいものや生のものはなるべく避けることがおすすめ。
ついさっぱりする冷たいものばかり取り入れがちですが、
食材に一工夫してみましょう。

l_1281322822_225

お味噌汁だったらジャガイモのお味噌汁なんかは簡単にできていいですね。
そら豆や枝豆、とうもろこし、も、茹でるだけですぐに食べられます。

ご飯にグリーンピースや大麦を入れるのもオススメ。

ネギ、生姜、シソなど香りの強い薬味もこの時期にはぴったりなので、
いつものお料理に風味を加えるのも良いですね。

 

毎日の生活に一工夫

ジメジメして気分も落ち込みがちですが、
一工夫で不調は避けられます。

美味しいものを食べたり、
綺麗な紫陽花を見に行ったりして、
梅雨を乗り越えましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

山崎 舞子(メロディ)

Sweet MaMa Lifeクリエイター&コーチ 自分を知って、満たして、活かして、魅せる♡育児も夢も仕事もスルリとこなす。 美しく豊かに生きるための情報を発信。 一児のママでありながら、事業家でもある。内側も外見も美しくいるために、食事、ファッション、メイクなどで自分を“魅せる”メソッド。