夏こそ、ハンド美人を目指したい!

冬は乾燥の季節。放置するとすぐ指先がヒビ割れたり、ささくれができたりとトラブルが発生しやすいもの。対して夏は、目に見えた肌荒れが起きにくく、あまりお手入れしていないという方も多いのでは?でもそれはとっても危険。今のうちにしっかりケアをしておきましょう。

夏こそ乾燥に注意!

冬と違い、乾燥に機が緩みがちな夏。しかし意外にも、乾燥ポイントは多く潜んでいます。
たとえば海やプールなど、水に関わる機会が圧倒的に増えるはず。そのままの状態で放置すると、海水などが蒸発するとき手の水分まで奪ってしまいます。また、SPF値の大きな日焼け止めを塗るのも要因のひとつ。安心感を得るため、日常的に大きな値を塗りがちですが、値が大きいほどに乾燥を招きます。日焼け止めを塗ることにより、ハンドクリームを塗らなくなる方も多いはず。水には多く触れるのに、保湿をなおざりにしてしまうのは大変危険です。クーラーでキンキンに冷やされてしまうのも要注意。

夏のお手入れ方法

保湿効果のある日焼け止めをチョイス

保湿効果のある日焼け止め、または、日焼け止め効果のあるハンドクリームが多数販売されています。日中にふたつを塗るのは大変なので、オールインワンなタイプがあると一度で乾燥も日焼けも対策できます。夜は冬と同様、しっかりハンドクリームを仕込んで眠りましょう。

ボディクリームではなくジェルがオススメ

べたべたするクリームやオイルは、保湿力は高いものの、暑い夏にはあまり向きません。乾燥がそれほどひどくない場合は、ジェルタイプのハンドクリームやボディクリームでお手入れを。塗ってすぐさらさらになるから過ごしやすいですよ。

しっかりクーラー対策を

クーラーの風にも気をつけて。冷え対策にと膝掛けを使う方は多いけど、指先にまであまり気が回っていないのでは?デスクワーク中に手袋をするのは難しいので、乾燥を感じる前にハンドクリームやネイルオイルで風を防いで。

おわりに

指先は特に人目につくところ。秋になって慌てないように、夏の間もしっかりお手入れしましょうね。