良質な筋肉をつくるために食べたいものとは?

ダイエットの成功に、また、美しいスタイルをキープさせるために、そして、凛とした所作をキープするために、【筋肉】は大切です。
良質な筋肉をつくるためには、ただエクササイズをおこなうだけでは不十分です。

マラソン選手や、フィギュアスケートの選手を見てもわかるように、筋肉を整えるためには、まずは内側から。つまり、食事から摂取する栄養素が欠かせません。
それではいったい、どのような栄養素を摂ると、良質な筋肉をつくることができるのでしょうか?

たんぱく質にこだわる! 

筋肉とは、たんぱく質だから

筋肉をつくる栄養素もたんぱく質ですが、筋肉自体もたんぱく質から形成されています。
ダイエット中は、カロリーが高いという理由から肉や魚をひかえる人が多いのですが、満足感が得られずに、栄養失調になったりして、かえって逆効果になるという場合も多いのです。
ですから、肉、魚、豆腐、卵などを中心に、たんぱく質を摂取することをこころがけてくださいね。

さて、どんな食材から摂取すればいいの?

そして、矛盾するようですが、たんぱく質だけではまだたりません。

口から摂りいれたたんぱく質は、いったん分解されアミノ酸に変える必要があります。
そのために、各種ミネラルとビタミンの摂取が大切。その代謝を助けるために必要なのは、ビタミンB6です。ビタミンB6とは、聞き慣れないビタミンですが、カツオやマグロの赤身。さんまの開きなどに多く含まれています。
一方、ミネラルでは、マグネシウムが重要ですね。
マグネシウムは、野菜や海藻、納豆などに豊富に含まれています。筋肉をつくるために必要なだけではなく、不足すると、味がわかりにくくなったりするので、積極的に摂取したいですよね。

マグネシウムに関しては、各メーかーからたくさんのサプリメントも出ているのでそれらを試してみてもOKですから。

質のよい筋肉をつくるために、ぜひ、いろいろな栄養素と組み合わせて、楽しみながら食事したいものですよね。