恋愛上手な女性ほど、小さなバッグを愛用する理由とは?

恋愛のノウハウ本を見ると、モテる女性には、ある共通した特徴があります。
それは、容姿や性格ではありません。
何だとおもいますか?

実は、荷物が多い女性はモテないということなのです。
つまり、愛され女子は、小さなバッグを持ちいているということなのですが、でも、いったいどうしてなのでしょうか?

バッグのなかには、秘密が入っているだけ

実用的なものを持ち歩かない!

元祖・グラビアクイーンと呼ばれたアイドルの、ビューティーエッセイを読むと、女性のハンドバッグは、「小さな秘密がひとつだけ、入っているくらいの、大きさがちょうどよい」といった記述がありました。

たしかに現代でも、フォーマルの場面になると、大きなかばんを持ち歩くことはありません。

だけど、どうしてなのでしょうか?

必要な荷物を、口紅とハンカチなどの最小限にしぼることで、「あなたとの時間を優先させます」という、意思表示ができるからではないでしょうか。

また、パーティー会場では、財布などの「現実の時間に引き戻す」小道具を持ち歩かないことで、スペシャル感を演出しているのかもしれません。

整理整頓上手

ELL89_huruicard20140405_TP_V1[1]
仕事でもないのに、いつも大きなバッグを抱えている女性を見ると、中身が気になります。

ドライヤーや、バスタオルまで持ち歩いているのだろうか?
そんなふうに、いつでもお泊りOK! だと、かるい女に見られてしまうことも。

持ち物が多い人は、整理整頓が下手なので、部屋もきれいではないのだろう。散らかっている空間にいても、何ともないのだろうと、受け取られる場合もあります。

小さなバッグを持つメリット

小ぶりのバッグを持っていると、否応なしに取捨選択をしなければなりません。
もしかしたら、使わないかもしれないけれども、使うかもしれないものまでは、入れる余裕がないので、いつのまにか、整理上手になっているのです。

部屋も身だしなみも、完璧にしなければならない。と考えると、息がつまりますが、バッグの大きさを変えるだけなら簡単ですよね。
肩もこらなくなりますし。