顔には菌やダニがいるって本当!?ここでも善玉と悪玉が闘っているって知ってた!?

私達の体は清潔で綺麗な状態であるのが一番です。ところが綺麗に見えても、実際には様々な菌に囲まれて暮らしているのが現状です。様々な菌に触れながらも健康的な生活を送っているのです。それは顔にも言えます。実は顔の表面には菌などがいて、日々見えないバトルが繰り広げられているのです。

信じたくない!顔には菌やダニがいるという事実

信じたくないかもしれませんが、私達の顔の表面には菌や顔ダニと呼ばれる、肉眼では見る事の出来ない小さなダニが住んでいます。顔ダニがいない人も稀にいますが、90%以上の人にいると言われています。朝晩の洗顔を欠かさず行い、清潔な衣類やタオル等を使っていたとしても、ほとんどの人はそれらを排除する事が出来ていません。

ゼロにする事が必ずしも良いとは限らない

「ではどうすれば排除する事が出来るのか」という事を考えたくなりますが、排除しなければならないというものでもありません。腸内の善玉菌が良い働きをしているのと同じように、無理に排除しようとすれば逆にマイナスになる事もあります。ではそのまま放置して好き勝手にさせて良いのかというと、そういう事でもありません。

善玉と悪玉のバランスが大事

ここで重要なのはバランスです。腸内と同じように、善玉と悪玉のバランスが鍵になります。何故なら悪玉が増えてしまうとニキビや肌荒れ、赤み、痒み等の肌トラブルを招いてしまうからです。バランスが良ければ適度な潤いを持った肌になります。

バランスを調える方法

ではどのようにバランスを調えれば良いのでしょうか。まずは清潔に保つ事が一番です。汚れや過剰な皮脂が残っているとそれが顔ダニや菌のエサになって増え過ぎてしまうからです。また脂っこいものやジャンクフード等を避け、バランスの取れた食事を行うのも大切です。食生活が乱れると皮脂が過剰に分泌されるからです。ストレスの少ない規則正しい生活も重要です。

悪徳業者に注意!

もう一つ気を付けたいものがあります。それは悪徳美容業者の存在です。顔ダニの存在で恐怖感を煽り、高額な化粧品等の販売やフェイシャルエステを契約させたりしているからです。菌や顔ダニの存在を写真で見せつけられれば誰しも驚きます。気持ち悪く思い、すぐにでも排除したいという気持ちになる事でしょう。しかし肌トラブルが起きていなければ過敏になる事はありません。過剰に不安を煽る業者には気を付けましょう!