食前のフルーツでらくらく美肌とダイエット

最近、若い世代を中心に、くだもの離れがすすんでいるようです。

フルーツは、(値段が)高い!
フルーツにふくまれている果糖は、ダイエットの敵。
フルーツは、食べるのが面倒!

などというのが、メインの理由ですが、油分がたっぷりのケーキや、アイスクリームにくらべると、ずっとヘルシーで、ビタミンやミネラルもふくまれているため、美肌効果だってきたいできるのですから。

朝のくだものは金!

新陳代謝を高める効果が!

まず、くだものにふくまれている酵素や、ビタミン類は、消化を促進して、新陳代謝を高める作用があります。
そして、フルーツに豊富にふくまれている食物繊維は、腸内にたまりがちな毒素を排泄させる効果にすぐれていて、慢性の頑固な便秘になやむ女性の強い味方だといえるでしょう!

そして、皮までしっかりとまるごと食べることによって、アンチエイジングを期待できるポリフェノールを摂取することもできるのですね。

新陳代謝を高めることによって、ダイエットの成功につながり、そして、美肌効果もあるのですから、ぜひ、フルーツを食卓にならべませんか?

食前30分がベスト

フルーツを食べるタイミングといえば、「食後のデザート」としてという人が一般的ですよね。
しかし、デザートとしてではなく、食前30分前に食べることによって、デトックス効果がアップするという報告が。

一般の食物は、胃から腸に到達するまで、2時間~4時間はかかりますが、フルーツなら、わずか30分ほど。ですから、吸収がはやく、先にくだものを摂ることによって、あとから、食べる栄養素の吸収や分解が促進されるというメリットがあるのです。

もしも、食前30分前にフルーツを食べるというのは、むつかしいときには、食べる直前、前菜のような要領でフルーツを摂取すると、いいでしょう。

りんごやみかんなど、安価なフルーツをもっと食べることで、美肌とダイエットにつながるのであれば、食べる美容法としてもいいですよね?