キレイな人の当たり前。”果物は食前に!”その訳とは?

”食後のフルーツ”と言われるくらいですから、果物は食後に食べる人も多いのではないでしょうか?

これは、美容に関していうと大間違い!!

我が家は母がダイエットマニアだったので、私は小学生の時からフルーツは食前にいただいていました。

その理由とは?

fruit-pile-1328506

果物に含まれる”酵素”とは何?

酵素とは、私達が生きて行く中で欠かせない栄養素の一つ。
8代栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、フィトケミカル、水)に次ぐ、9番目の栄養素です。

私たちの体にはもともと”体内酵素”というものがありますが、これは加齢とともに減って行きます。
体内酵素を元気にしておくか、”食物酵素”という食べ物から酵素を取り入れる必要があるのです。

 

ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

体内酵素としては、

・食べ物の消化(消化酵素)
・体の再生(代謝酵素)

の2種類の酵素があります。
消化に負担のかかる物ばかり食べていると、酵素が”消化酵素”として働くので、代謝酵素までまわらなくなり、お肌の調子や胃腸の調子が悪くなると言われています。
また、風邪をひいて食欲が落ちるのは、代謝酵素が病気と戦うためにたくさん使われて、その分消化酵素が減るからだと言われています。

 

なぜ酵素は食前に摂るといいの?

果物には、”食物酵素”がたくさん含まれています。
なぜ食前にとるといいのでしょうか?

まず、酵素は”生のもの”に多く含まれています。
熱に弱いので、加熱すると壊れてしまうのです。
ですので生のフルーツや野菜に多く含まれています。

そして、酵素は摂取したすぐ後にその消化効果を発揮するのです。

普通、食べ物を食べてから胃腸に届いて消化されるまで2〜4時間かかると言われています。

しかし、果物は非常に消化が早いので、30分ほどで腸に届くのです。
食前にフルーツを食べておくことによって、後から食べたものの消化を助けてくれるのですね。

 

食後のフルーツは体に毒?!

逆に、食後にフルーツを食べることは毒にもなると言われています。
先ほどお伝えしましたように、果物は消化が早い。

ところが、先に食べた食べ物たちに邪魔されて、うまく消化できません。
未消化のまま胃に留まり、そのまま腐敗してしまう。逆に腸の悪玉菌のえさとなってしまうのです!!

 

積極的にフルーツを摂ろう

また、食べる時間も、朝は金、昼は銀、夜は銅、と言われているように、朝の時間帯がベストと言われています。
果物は空腹に食べた方が、酵素が働きやすいからです。

私が留学していたオーストラリアでは、よくおやつにもフルーツをいただいていました。
海外のドラマや、旅行に行った時にもよく目にする光景だと思います。

私も海外旅行に行くと、ビュッフェなどで朝一番に、山盛りのフルーツをいただきます♡
日本人の果物の摂取量はとても少ないように思えます。海外旅行で便秘や肌荒れをしやすいかたは、朝一番にフルーツを山盛り食べると改善されるかもしれませんよ。

キレイの秘訣は食前の果物♡

ぜひ、今日から取り入れてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

山崎 舞子(メロディ)

Sweet MaMa Lifeクリエイター&コーチ 自分を知って、満たして、活かして、魅せる♡育児も夢も仕事もスルリとこなす。 美しく豊かに生きるための情報を発信。 一児のママでありながら、事業家でもある。内側も外見も美しくいるために、食事、ファッション、メイクなどで自分を“魅せる”メソッド。