化粧のりが悪いとおもったら、即実践したい、生え際マッサージとは?

メイクが成功するか、そうでないかは、化粧品の良し悪しや、テクニックはもちろんのことですが、実は意外な事実が明暗をわけるものなのです。

それは、どのようなことかといいますと、お化粧のりのよさなのです。
ベースメイクが、ピタッと密着するようにのっているだけで、いつもよりも3割り増しキレイに見えるものですから・・・。

化粧のりがよくなる、カンタンな方法をみつけました!
iuk_ookinajyumokutosarari-man_tp_v1

ベースメイクの、のりがよくなるために

新陳代謝を促進するのが大切! 

では、どうすればメイクののりがよくなるのかといえば、やはり新陳代謝を促進して、血色のよい肌をつくることです。

ところが、冬場はとくに体温が下がるため、血流が鈍くなり、肌が乾燥したり、くすみや顔色の悪さに悩まされるのです。
これらの悩みは、慢性化ーとまではいかなくても、なかなか一朝一夕には改善しにくいですよね。

生え際をマッサージするといい! 

血流改善のためにマッサージをするという方法は一般的ですよね。
でも、耳や足の裏が中心ではないでしょうか。

けれども、実は髪の生え際にもたくさんのツボがあるのです。
生え際を刺激すると、顔色を明るくするだけでなく、風邪や頭痛の予防、眼精疲労の改善する効果も知られています。

生え際を刺激すると、その近くである顔の血色を即効で、取り戻すことができるのでうれしいでうしょね。

生え際マッサージ実践法! 

まずは、おでこの生え際から、耳に向かって指をスライドさせます。
次に、首の後ろ側の生え際から首に向かって指をスライドさせます。
そのまま肩や肩甲骨をなぞるように刺激すると、肩こりや、首こりの解消にもなりますよ。

タッチの強さは、気持ちいいと感じる程度でかまいませんが、体調が悪いときや、顔色がすぐれないときには、少しだけ強めにしてもいいでしょう。

指先だけでなく、指の第二関節を使ってマッサージをおこなうと、かなり強めに圧がかかるので、無理な体力を使うことなく、適度に刺激をあたえることができるのです。