占いが好きな男性がモテる理由?!

モテるモテないという要素とは、すこしばかりちがいますが、占いが好きなのは、なぜか、女性が圧倒的に多いですよね。
その半面、徹底的に占いを活用しているのは、男性のような印象を受けます。
そして、占いが好きな男性は、なぜか、モテる男が多いのです。
その理由とは、いったいなぜでしょうか?

女性的? 男性的? 占いの意外な一面とは? 

計画的な人に多い? 

女性ならば、気になって占うことの大部分は、恋愛とか、相性です。
しかし、男性の場合は、仕事や将来のことを知りたいと思って、占い師のところを訪ねるのだとか。

それも、ただ漠然としている悩みを相談するのではなく、自分の配下に誰をおくか、もしくは、現在抱えている部下が自分を裏切る可能性がどれほどあるのか、など、女性の視点から考えると、けっこうきなくさい内容が多くて驚きます。
もちろん、結婚相手の相談という一般的な占いの活用の方法もありますが。

つまり、ロマンティックなあこがれや夢物語を追いかけるのではなく、考えて考えて考え抜いて、これ以上相談する場所がないときに、はじめて「占い」という選択肢が、浮上してくるというわけなのですね。

占いを上手に活用できると・・・

ぼうぜんと占いに頼る受身な姿勢なのとちがい、上手に占いを活用している人は、自分に暗示をかけるのが得意。

たとえば、占いで凶が出たとしても、「ここで厄を落とすことができたのだから、あとはだいじょうぶ」と気持ちをパッと切り替えることにたけています。
男性は、「占いは、女性のままごと」と考えて遠ざけている人が大半ですが、なかには、気持ちの切り替えやカンフル剤のように、上手に取り入れている人もいます。
そして、なぜか、そんな男性は、モテる人が多いのです。

その理由は、もう、言わなくてもわかりますよね。
女心もよくわかるし、仕事やプライベートでも時間配分がうまく、切り替えが早く、人生をフルにたのしむ技を身につけることに躊躇しないからなのですね。