色っぽい女になるためにキーワードはズバリ【揺れ感】です!!

オトナになったら、やはりあこがれるのは、ズバリ【色気】がある女。
でも色気ってどうすれば出るものなのでしょうか?
また、恋多き女性でないと色っぽくなれないものなのかしら? などと、いろいろと考えてしまいますよね。

そこで、色気のある女性のキーワードのひとつでもある【揺れ感】について考えてみました。

男性にはない【揺れ感】とは? 

動くもの、光るものに弱い? 

さて、男性目線から見た女性の色っぽさとは、どのようなシュチュエーションで感じるものなのでしょうか?

・さらさらのロングヘアがなびくとき。(27歳メーカー勤務)
・垂れ下がるタイプのピアスがきらきらと揺れたとき。(30歳教師)
・振り向いたときのうなじの後れ毛や、表情など。(29歳会社員)

などのように、実際に殿方に聞いてみると、きらきらやさらさらなどのキーワードがたくさん登場しました。

つまりこれらのことからいえることは、静止しているときではなく、なびいたり、揺れたり、動くものや、光るものにたいしてぐっとくるようですね。

揺れ感はつくれる

しかし、きらきら、さらさらのシュチュエーションを無理やり待たなくても、揺れ感はつくることができます。

まず、ヘアスタイルでは、ジェルやハードスプレーで完全に固定してしまうのではなく、風が吹いたらさらさらとなびくような、軽やかな感覚を残しつつセットしましょう。

また、アクセサリーは、身体に密着するタイプではなく、動きにあわせてなびく繊細なタイプをチョイスするのがポイントだといえるでしょう。

そして、ファッションでは、シフォンやオーガンジーのような、いかにも触れると「やわらかそう」な素材を中心にしてコーディネートするだけでも、風を感じる色っぽい女感が演出できるのです。

【色気のある女】になりたいなんて敷居が高いように感じるかもしれませんが、ファッションやアクセサリー、ヘアスタイルにちょっぴり揺れ感をプラスするだけで、ニュアンスが生まれます。