今年こそ!正月太りをしなくなるちょっとしたポイントとは?

お正月といえば、長期的な休みに入る人も多くなると思います。年に一度の海外旅行、実家に帰ってまったり、普段集まれない仲間とわいわい…と、楽しい予定がたくさん。でも、明日から仕事初め、というときにふと体重計にのってびっくり!…なんて、お休みの楽しかったことがぜんぶ吹っ飛んでしまいますよね。今年こそそうならないために、年末年始を楽しみつつ簡単にダイエットしていきましょう。

正月太りはどうして起こるの?

お正月時期には、少し遅い時間までゆっくり眠って、お昼ごろになってようやく朝兼昼ごはん。そのままテレビを見ながらこたつでだらだら、夜は仲間と集まって鍋にお酒に…。身体の機能は省エネしつつ、エネルギーとなるガソリンをたっぷり入れつづけていることになるため、いつもより太りやすい環境になるのです。

食事を楽しみたい、面倒な運動はいや!

お休みも満喫しつつ、ハードな運動も避けたい。そんなわがままなあなたにだって、お正月太りを回避する方法はあるのです。

濃い味付けのものばかり選ばない

昔とは違い、現在のおせちや正月料理は焼肉だったりオードブルだったり、高カロリーな食品が多いように思えます。もちろん年に一度のお正月なのでそういったものも楽しみたいですが、できるだけ濃い味付けのものばかりを選ばないこと。塩分が多めであり、翌朝のむくみなどにダイレクトにつながるからです。また、濃いめのものはお酒が進むもの。お正月太りを避けたいのであればある程度で抑えるのがベターです。

空腹時にしか食べないようにする

危険なのは、おなかがすいていないのに食べつづけてしまうこと。こたつでだらだらしながら、テーブルに置いてあるみかんに手が伸びる…なんていうのはやめましょう。ながら食いはおなかも満たされず、無意識にどんどんカロリーや糖分塩分を摂取していきます。もし空腹時以外に食べ物を勧められたら、ありがたく受け取って、空腹時に食べるようにしましょう。

セールなどに出かける

1日中、こたつにテレビにゲーム、なんていうのも贅沢ですが、新年といえば楽しみなのはセールです。人混みがいや!という気持ちもわかりますが、買い物とあれば少しぐらい長い時間歩いても苦にならないはず。お目当てのものがお安くゲットでき、なおかつ軽い運動ができるとなれば行かない手はありませんね。

おわりに

お仕事も家事もちょっとお休み、それでも美はお休みしないで!上手にお正月太りを避けながら、新年を楽しみましょう。


くらげ

くらげ

投稿者プロフィール

Twitter、ブログにて美容情報を配信中。また、美容サイトやキュレーションサイトにて執筆活動も行なっている。気になる美容法は自ら実践し、「リアルな声を伝えること」を第一に活動。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. みなさまこんにちは。寝不足や疲れを感じている時、目の下にくまを見つけたことはありませんか?疲れた時や…
  2. 2015年は水素が流行り始めた年でしたね。 水素カー、水素エネルギーなどの産業をはじめ、 水素水…
  3. 食欲の秋。食欲があり、健康なのは良い事ですが、どうしても食べ過ぎによる肥満や体重の増加は気になるもの…
follow us in feedly
ページ上部へ戻る