秋のファッションに取り入れたいポイントとは?

みなさまこんにちは。気温も下がり、街の中はすっかり秋模様になりましたね。暑い夏とは違って、服装や小物アイテムなども秋色になってきました。お洋服屋さんでも秋らしい色合いのものがグッと増えましたね。
秋らしい服装といえば、どのようなものを思い浮かべますか?今回は秋にぴったりのファッションのポイントについて少しだけご紹介したいと思います。

秋に取り入れたい色

洋服を選ぶポイントとして、挙げられる事柄の一つに色があります。各季節に合った、「シーズンらしい色」はいくつかありますね。秋であれば何色になるでしょう?
秋に取り入れられる色のイメージとしては、深めの色や暗い色はいかがでしょうか?深め・暗めと言われてもわからない方もいらっしゃると思いますが、例えば緑であればカーキー色、赤であればワインレッド、茶色であればキャメルなど、これらは秋を感じる色になります。グレーが混ざった色も秋にはぴったりです。

秋色に似合う柄

次は柄になります。柄も洋服を選ぶ時のポイントになりますね。季節によっては、華やかな花柄を取り入れたりします。柄がない無地のものでコーディネートする時もあるかもしれませんが、ちょっとした柄を取り入れることで、アクセントになることもあります。
秋に取り入れたい柄にはいくつかあります。まず1つ目はカモフラージュ柄と言って、わかりやすくいうと迷彩柄。これにはカーキー色のものを合わせると良いそうです。ただ、取り入れ方を間違えると、本当に「カモフラージュ」されてしまうので注意が必要です。2つ目アニマル柄。ヒョウ柄やヘビ柄などがあります。これらを取り入れる場合は、面積を考えて取り入れること。無地のコーディネートにちょっとしたアクセントとして取り入れることがポイントになります。3つ目はチェック柄。チェックは年中通してお店に並んでいる定番の柄ですよね。チェックの形も1つではなく、何通りもあります。チェックは割と合わせやすい柄ですよね。

いかがでしたか?毎日のファッションに、秋の要素を取り入れ、秋もオシャレを楽しむことができたら良いですね!ぜひ、参考にしてみてください。