カラコンとつけまつげを卒業しても、ぱっちりとした目元をキープできるアイメイク

カラーコンタクトを入れると、驚異的なほど目力がアップしますよね。
さらに、つけまつげを使うと、目がパッチリになり、鏡をのそくのが楽しみに。
でも、毎日まいにち使い続けると、眼精疲労もかなりのものに。

カラコンを入れなくても、つけまつげをしなくても、おなじくらい目がくっきりと、しかもうるうるして見えるメイクの方法を紹介しましょう!!

まずは、涙袋を攻める

下まぶたに、ラメ

目の下にある涙袋。
ここを強調すると、瞳がうるうるとして、セクシーな目元になれるのです。
下まぶた一帯に、ラメ感があるホワイトピンクのシャドーをチップでのせて、そのあと、たんねんにぼかします。

ぼかすというひと手間をくわえることにより、いかにもメイクしています!! というわざとらしさを薄めて、男ウケバツグンの色っぽい瞳を演出することができますから。

また、ラメのシャドーだけではなく、ほんのり、オレンジやピンクのアイシャドーを、あえて色味がわかるように、目の下に入れるのも効果的です。
tryudrsehdrs_TP_V[1]
近くで見ると、見慣れない顔なので「こんなものかしらん? 」とおもいますが、鏡を少し離して、自分の顔を確認すると、オーラが増幅された目元におどろくはずですから!!

カラーマスカラをチョイスして! 

まつげは、黒色というおもいこみがある人が多いのですが、茶色や紺色のマスカラをチョイスすると、顔全体の印象が変わって見えるのです。

とくに髪色が明るい人は、黒のマスカラだと、ギャルっぽくなったり、ちょっぴりキツイ印象になるかもしれません。
しかし、カラーマスカラを塗ると、ほんわか優しいまなざしが完成します。

つけまつげに匹敵するほど、マスカラを塗ると、ひじきのようで小汚いメイクになりますが、黒以外のまつげの色にすることにより、脱ひじきまつげの、おとなの知的な女性のメイクをたのしむことが可能になりますから、ぜひ、この機会におためしくださいませ。

とくに紺色など青系が入ると、白目が澄んで見える効果があるのでよいでしょう。