おとなの女性のアイメイクは影よりも光を重視して

加齢による、肌のおとろえを、完全に、シャットダウンすることは、むずかしいですよね。

シワやシミ、ソバカスやたるみといった、問題はもちろんです。
けれども、ある程度の年齢になれば、もって生まれた骨格によっても、顔や、表情の出方に差がついてきます。

つまり、スキンケアでは、カムフラージュしきれなくないときもあるのです。

しかし、メイク次第で、顔をあかるくみせることはできるので、さっそく、紹介しましょう。

影より光を味方につけよう

2bfc483074efe886c3abef864e875ea6_s

アイシャドーは、あかるい色で

ビューティー雑誌の、メイク特集では、アイシャドーは、ブラウンが定番になっています。

たしかに、アイホールに、ダークなシャドーを入れると、彫りが深く見えます。西洋人のような、くっきりとした二重まぶたで、ぱっちりとした目元をめざしたい人には、濃い色で陰翳をつけるのは、かしこい方法だといえるでしょう。

とはいえ、若くて、肌の弾力があり、健康に見えるときには、良い化粧法だとしても、おとなの女性にはきびしいかもしれません。

少しずつ、目もとのくぼみが、目立つお年頃になると、茶色やグレー、紺色のアイシャドーでは、疲れた顔に、見えてしまうのです。

ですから、逆に、あかるいホワイトピンクや、シャンパンゴールドなどで、影より光をプラスすると、目の印象がフレッシュではなやかになるのです。

キーワードは、ほんのり ほんわか

十代の頃は、シャープな顔にあこがれて、マスカラやアイラインを駆使して、強めのメイクをしたことがある人は、多いのではないでしょうか。

しかし、目元をイキイキと見せるためには、きっちりとラインやマスカラを塗るよりも、ベールをかけるつもりで、ほんのりと、ほんわかメイクをこころがけたいもの。

シャドーよりも、ハイライトを重視して、疲れや生活感と無縁の、元気な顔つくりをしていくことが、うつくしさにつながる結果に。
まぶたの、黒目の上の部分に、肌よりもワントーンあかるめのアイシャドーをのせたり、目の下から頬にかけての三角ゾーンに、ハイライトをきかせると、いかにも隠していますという顔にならずに、自然な印象になります。