目の輝きを取り戻すには、適度に【あくび】をすること?!

目の輝き。
男女ともに、モテる人は、目に力がある人が多いのが特徴。
目は、心の窓とも言われますし、お魚の新鮮さは、目を見て判断すていますよね。
アイメイクを工夫したり、カラーコンタクトを入れたりするなど、美しい目を演出する技法は、このところますますアップしています。

でも、何といっても、メイクする前の目を美しくすることからはじめませんか?

長く続けられるケアがイチバン!!

疲れたら、あくびが良い?


授業中にあくびをしていると、「こらっ!!」と叱られますよね。また、会議の最中にあくびをしたり、人と話しているときにあくびをすると、「この人、失礼」とか「ああ、話を聞いていないのかな」と思われてしまいますよね。

でも、ふしぎなことに、あくびをすると、深呼吸をしたあとのように、ちょっぴりリフレッシュした気持ちになれるもの。
そんなあくびですが、実は、目のためにも積極的にしたいのです。
あくびをしたあとで、鏡を見てみてください。
目全体に輝きの力が戻っているとおもいませんか?

ドライアイぎみになっているときでも、たった一度あくびをするだけで、涙が分泌されて、きらきらとした瞳になれるものなのです。

目は嘘をつかない?

あくびをすると、新鮮な空気を身体いっぱいに、とりこむことができます。そのおかげで、顔色が良くなり、目に輝きと透明感が増してくるのですね。

あくびは、眠たい時に出るという印象がありますが、実は、緊張した状態のときにも出やすいことが知られています。
これは、脳が酸素を欲しがっているからなのだとか。
つまり、適度にあくびをすることによって、脳に酸素が供給され、目の疲れも取れ、その結果、身体全体がリフレッシュするのでしょうか。
たしかに、身体の疲れがらくになると、目の力がちがってきますよね。目を見れば鮮度がわかるのは、お魚だけではありませんでした。私たち人間でも目は、心の窓であり、嘘がつけないパーツなのかもしれませんね。