腸内環境問題と美容の関係

環境問題というと、地球や、自然を連想しませんか?。
もちろん、大気汚染や、オゾン層破壊による、強い紫外線も、美意識の高い女性の大敵であることには違いありません。
けれども、体の中の環境。それも、おもに腸の中の環境問題を解決することが、美しい肌や、髪、スレンダーなスタイルを維持する近道なのです。
人体は、小さな宇宙の集合体です。エステティックサロンに通ったり、高級な化粧品を使ってお手入れをするのも大切ですが、外側からアプローチするだけではなく、内側から整えていきましょう。

おなかの底から、美しくなるためには

腸内環境が改善すると、美肌になる理由

お肌のコンディションと、腸の状態は密接しています。
たとえば、老廃物が溜まると、皮膚の表面がくすんだり、赤ら顔になったりするのです。それは、なぜかと言うと、排泄されていない毒素が、毛細血管を通って、全身に運ばれるからです。つまり、裏を返すと、腸内環境が改善されると、血色が良くなり、肌や髪の艶が増します。

発酵食品

それでは、どのようにすれば、腸の中から美しくなれるのでしょうか?
便秘が大敵なのは、言うまでもありません。
しかし、下剤を常用すると、体に負担がかかります。
腸に良い食材は、いろいろとありますが、おすすめは発酵食品です。
納豆や、キムチは、腸内の善玉細菌を増やし、悪玉菌の増殖をおさえます。そして、体を温める作用があるので、冷え性で悩んでいる女性は、意識して摂取したいものですね。
55b1a43001fe764aaa7ffb7e0612f542_s

軽くおなかをこわすとデトックス!?

整体師・野口晴哉によると、「軽く、風邪をひいたり、たまに、おなかをこわすのは、体の自浄作用なので、むしろ大歓迎」なのです。というのも、日頃、蓄積されている、毒素を一気に体外に出すことができて、全身をリセットできるため、それを薬でおさえてしまうと、逆効果だといわれています。たえられないほど、辛い症状があらわれたら、ドクターの診察を受ける必要がありますが、解毒作用があると思えば、憂鬱な体調不良におちいっても、テンションが下がらずにすむかもしれませんが、いかがなものでしょうか?

地球環境問題は、一朝一夕に解決できるものではありません。ですが、腸内環境問題なら、思い立ったその日から見つめなおすことができます。そして、おなかの中がきれいになれば、気分もあかるく、フレッシュな肌や、体型を維持していくことも可能なのですから。