遠距離恋愛を上手く続けるためのコツ5つ

四月から一か月が過ぎてこの年からカレと遠距離恋愛という方も多いのではないのでしょうか?
遠距離恋愛って不安ですよね。普通に恋愛をする以上に会う時間も少ないし、カレが何をやっているかもわからないし・・・
特にカレが上京して東京に行ってしまったら、人が集まる場所だし、出会いや可愛い女の子も多いんじゃないかって不安は尽きないですよね。
そこで今回は遠距離恋愛を上手く続けるためのコツ5つをご紹介したいと思います。

1. 二か月に1度会うのは当たり前

0f960d957b51cf60951397d2760fcf40_s
国内での遠距離恋愛の場合、2か月以上会わないのはNGです。
あなたが2か月に1度会わない人ってどんな人ですか?
そうです、2か月会わない人は友達ではなく「知り合い」になってしまいますよね。
恋人は友達以上の関係なので、もちろん二か月以上会わない人は恋人とは言えないのではないのでしょうか。

距離が離れていても大丈夫

仮に北海道と東京でも、今の時代格安航空券が取れるので2万5000円あれば十分往復可能です。
割り勘で金額を払えば、2か月に1度であれば大したことはない金額ですよね。
遠距離であろうが、なんだろうが、あくまで恋愛なのです。頻繁に会うに越したことはありませんので、
会いに行ける、もしくは会いに来てくれる方はどんどん会いましょう。

2.「毎日連絡してね」は絶対NG

16862c8ed65f8e28eba67190a7ffa5a7_s
遠距離恋愛をしている女性を見ていると、「毎日連絡してね」と約束を取り付ける女性が圧倒的に多いように感じます。
しかし、距離が離れている以上、会わない時間に連絡するのは嫌な言い方かもしれませんが、相手の「気負い」になり兼ねません。
毎日連絡してね、ではなく、こちらから毎日連絡をするようにしましょう。
連絡が返ってこない日に関しては、「どうして連絡をくれないの?」と直接的なことは聞かずに相手が連絡をくれるのを待ちましょう。

「連絡は毎日するけど、約束はせずに」

3.Hは必ずすること

7f9183f24764e22aa59d600e28cc9598_s
そんなことが大事なの?と思われるかもしれませんが、会った時には絶対にHをするように心がけましょう。
生理の日だったらどうするの?そんな声があるかもしれませんが、それは言い訳に過ぎません。
生理の予測日を避けて会いに行くことを心がけましょう。
Hなんて我慢すればいいじゃない!浮気をするのがおかしい!
という人もいるかもしれませんが、女性と違って男の性欲は処理しなければ溜まっていくものなのです。
会うときにHせずに2か月3か月とたてば、他で・・・と思う方が普通なのです。
テクニックを磨くくらいの気持ちでいかないと厳しいのが現状です。

4.期間をしっかり決めること

遠距離は基本的には長くは続きません。あくまでも参考値ですが、もって一年が限度だと思います。
なので、遠距離をする場合はその1年の中で、下記3つの選択をしっかりと決める必要があります。

・結婚する
・近くへ引っ越す
・別れる

この三つのなかでどの選択肢をとるにせよ、ずっと何年も遠距離をしている方がお互いのためになりません。
期間を決めてどうするか決めてそれを相手に伝えれば、相手もそれまでは我慢しようという気持ちになると思います。
遠距離をするときはしっかりと先を見据えることが最も大事なのです。

5.ぶっちゃけ、浮気は覚悟すること

上記のような対策をしても、浮気をする可能性はぬぐいきれません。
冒頭でも申し上げたとおり、普通に付き合うよりも圧倒的にリスクが高い、それが遠距離恋愛なのです。
むしろ浮気されたらどうするか、誤れば許すのか、別れるのか、しょうがないと泣き寝入りをするのか覚悟をしておきましょう。

いかがでしたでしょうか?

今回は少し厳しめの内容となっておりますが、後で後悔しないためにも、しっかりと気持ちを強くもって遠距離恋愛をすることをおすすめします。遠く距離が離れていても付き合っているのだから、しっかりと将来を見据えて付き合っていくのが大切なので、頑張りましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です