今さら聞けない!乳液先行ってどういいの?

美容やスキンケアについて知り始めると、最初の段階で出会う「乳液先行」というもの。名前のとおり、化粧水の前に乳液を塗るスキンケア法のことです。雑誌などでも当たり前のように登場し、今さら疑問も聞けないほど常識化してしまっています。どう違うの?大丈夫なの?なんていう不安はここで解決しておきましょう。

乳液先行型とは

基本とされるスキンケアは、まずクレンジングや洗顔料でお肌の汚れを落としたあと、化粧水→美容液→乳液で終了します。乳液先行型は、汚れを落としたお肌にまず乳液を塗り、その上から化粧水を重ね、クリームなどで蓋をするスキンケア法のことになります。

次に塗るスキンケアの浸透を良くする

通常、乳液というと、ややこってりもったりしたミルク状のものを想像されると思います。あれを塗ったあとに化粧水をつけても浸透の邪魔をするのでは?という疑問がまず浮かぶと思います。しかし、乳液先行型のために作られた乳液は、名前こそ乳液ですが、これを塗ることで次につける化粧水の浸透が良くなるよう手助けする効果があります。最近では化粧水の前にブースターというものをつけるスキンケア法がありますが、あちらと考え方は同じ。テクスチャーも通常の乳液と比べるとかなりさっぱりめです。

メリットとデメリット

メリット

化粧水の前に1ステップ加えることで、お肌が見違えるほどふわふわになります。乳液の力でやわらかくなるのです。また、浸透力が高まることで今まで以上に水分がたっぷり入り、美肌へどんどん近づきます。また、乳液を含ませたコットンでお肌を滑らすことで、落ち切れていなかった汚れをここで拭き取ることができます。

デメリット

先に乳液をつけてしまうと、化粧水のあと、さらに美容液やクリームなどで蓋をする必要が出てきます。化粧水と乳液の2ステップで終了していた人は単純に作業が増えますし、金銭面でも追加されてしまいます。

おわりに

乳液先行型のスキンケアは、一度慣れるともう元には戻れないほどのお肌のふわふわを実感できます。ただし、人のお肌は個々でタイプが違うもの。じぶんのお肌としっかり向き合い、自分に合ったスキンケア法を実践していきたいですね。